VisualDermaltology

  • 最新号の紹介
  • バックナンバー
  • 画像診断誌について
  • 画像診断編集室へのお問い合わせ
  • 年間定期購読のお申し込み
  • リンク
書籍カテゴリー
ビジュアルブック
画像医学
皮膚科学
臨床工学
麻酔・救急・集中治療医学
医療とコンピューター
医学その他
バイオサイエンス
看護学
看護師国試対策
辞典・事典・カード
薬学
介護
医療安全
精神医学・心理
放射線治療学
外科学
内科学
リハビリテーション
愛玩動物看護師
雑誌
  • 画像診断
  • Clinical Engineering
  • Visual Dermatology
  • NURSiNG
  • Nursing Canvas
  • ICNR
アーカイブ
  • 細胞工学

HOME » 画像診断 » 2023年2月号

画像診断 Vol.43 No.2 2023年2月号

サイズ:
B5判
定価:
3,080円(税込)
発行年月:
2023年01月25日発行
ISBN_10:
4-05-520002-1
ISBN_13:
978-4-05-520002-8

肺だけが胸部ではない! 縦隔・胸膜・胸壁の画像診断

オンライン書店で購入する
  • 神陵文庫
  • 紀伊國屋書店
  • amazon.co.jp
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • shop.Gakken

【特集】
序説 ● 本多 修(関西医科大学放射線科学講座)



“胸部”の画像診断といった場合,真っ先に思いつくのは肺内病変の画像診断である.胸部の画像診断では単純X線写真が最初に行われる画像診断であることが一般的であり,ここで異常が指摘できなければ,次のステップに進まないことがある.また,単純X線写真で異常を指摘された際にはCTで精査されることになるが,CTを読影する放射線科医の多くは,単純X線写真で病変を指摘された領域の肺内病変の有無を最初にチェックしていることと思う.胸部の疾患として,肺内には腫瘍性病変や感染性病変,非感染性炎症性病変,血管病変,代謝性疾患など様々な疾患が比較的高頻度に生じうるため,肺野から読影するのは至極当然である.しかしながら,単純X線写真で指摘された異常が,肺野ではなく肺外病変であることはしばしば経験され,肺野のみに重きを置いて読影していると見落としや誤診で足元をすくわれかねないため,肺外病変の画像診断の知識を身につけておくことは重要である.



序説 ● 本多 修
縦隔区分と縦隔病変の単純X線サイン ● 中園 貴彦,山口 健 ほか
正常胸腺,胸腺過形成および胸腺上皮性腫瘍 ● 林 秀行,芦澤 和人
胸腺上皮性腫瘍以外の前縦隔腫瘤 ● 山崎 元彦,八木 琢也 ほか
中縦隔腫瘤・後縦隔腫瘤 ● 小澤 良之,原 眞咲
腫瘤以外の縦隔病変 ● 佐藤 晴佳,岡田 文人 ほか
胸膜・胸腔病変 ● 篠崎 健史,山本 彩季 ほか
胸壁病変 ● 秦 明典

【連載】
すとらびすむす
便利な言葉「知らんけど」 ● 山田 惠

画像診断と病理
超硬合金肺 ● 田畑 恵里奈,岩澤 多恵 ほか

ここが知りたい!
画像診断2022年9月号特集
「吸い込みでおこる肺疾患の画像診断と病理」
● 岩澤 多恵,加藤 勝也 ほか

Picked-up Knowledge from Foreign Journals
早期膵癌 ● 渡谷 岳行

続General Radiology診断演習
瞳を凝らせば ● 井上 明星

CASE OF THE MONTH
Case of February ● 加藤 亜結美,相田 典子 ほか
The Key to Case of December ●野中 智文,大彌 歩 ほか

読影レポートLesson
脊椎編「化膿性脊椎椎間板炎」 ● 稲岡 努

投稿 原著
正期産児の軽症~中等症低酸素性虚血性脳症における視床基底核病変を伴わない
MRIパターンと予後の検討 ● 早川 克己,短田 浩一 ほか

Refresher Course
核医学クイックレビュー 第1回 核医学検査― その1 腹部以外― ● 井上 優介