VisualDermaltology

  • 最新号の紹介
  • バックナンバー
  • 画像診断誌について
  • 画像診断編集室へのお問い合わせ
  • 年間定期購読のお申し込み
  • リンク
書籍カテゴリー
ビジュアルブック
画像医学
皮膚科学
臨床工学
麻酔・救急・集中治療医学
医療とコンピューター
医学その他
バイオサイエンス
看護学
看護師国試対策
辞典・事典・カード
薬学
介護
医療安全
精神医学・心理
放射線治療学
外科学
内科学
雑誌
  • 画像診断
  • Clinical Engineering
  • Visual Dermatology
  • NURSiNG
  • Nursing Canvas
  • ICNR
アーカイブ
  • 細胞工学

HOME » 画像診断 » 2020年12月号

画像診断 Vol.40 No.14 2020年12月号

サイズ:
B5判
定価:
本体2,500円(税別)
発行年月:
2020年11月25日発行
ISBN_10:
4-7809-0535-4
ISBN_13:
978-4-7809-0535-9

急性期脳梗塞診断と治療法の進歩−Time is brainからImaging is brainへ−

オンライン書店で購入する
  • 紀伊國屋書店
  • amazon.co.jp
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • shop.Gakken

【特集】
序説 ●渡邉 嘉之

 最近の15年間で治療法が大きく進歩した疾患のひとつに急性期脳梗塞がある.2005年にわが国で遺伝子組み換え組織型プラスミノゲン・アクチベータ(recombinant tissue-type plasminogen acti­vator;rt-PA)静注血栓溶解療法(intravenous rt-PA;IV rt-PA)が認可され,積極的に血栓溶解療法を行う時代に入った.その後,適応時間が発症後3時間から4.5時間に延長され,血管内治療である機械的血栓回収療法のエビデンスが確立され,適応時間も発症8時間以内から24時間以内へ延長されている.この進歩には,各種デバイスの発展と画像診断による適切な患者選択の影響が大きい.
 脳梗塞治療では長い間“Time is brain”が提唱され,早く治療開始することが重要といわれてきた.特に,発症6時間以内の超急性期では早期治療介入が予後に直結し,できる限り短時間で画像診断を含む検査を行い,治療介入できる環境整備が進められてきた.実臨床では発症6時間以降での来院や発症時刻未確認の症例も多くあり,これらの症例に対しても画像診断で虚血領域を的確に判断することで再開通療法が有効であることが証明され,“Imaging is brain”の時代になったといえる.



序説 ● 渡邉 嘉之
脳卒中・循環器病対策基本法と今後の脳卒中対策 ● 峰松 一夫
急性期脳梗塞の治療の進歩 ● 小川 暢弘,北村 彰浩ほか
急性期脳梗塞における血管内治療の進歩 ● 山上 宏
急性期脳梗塞の画像診断 ● 篠原 祐樹
急性期脳梗塞の画像診断における灌流画像の意義 ● 井上 学
急性期脳梗塞mimics−脳梗塞と間違えてはいけない疾患− ● 勝部 敬,河原 愛子ほか
脳卒中のリハビリテーションにおける画像診断の役割 ● 服部 憲明

【連載】
すとらびすむす
スポーツジム ● 浅山 良樹

画像診断と病理
髄芽腫(desmoplastic/nodular type) ● 竹中 淳規,山口 晃典ほか

ここが知りたい!
画像診断2020年7月号特集
「原点回帰! 骨軟部の単純X線写真を深く読み解こう」
● 神島 保,福田 健志ほか

CASE OF THE MONTH
Case of December ● 船越 麻衣,中井 豪ほか
The Key to Case of October ● 堀 章裕,重里 寛ほか

General Radiology診断演習
名が体を表さない ● 黒川 遼

Picked-up Knowledge from Foreign Journals
GFAP astrocytopathy ● 森 墾

Refresher Course
血液内科疾患の移植後肺病変:特発性肺炎症候群
● 田中 伸幸,小林 大河ほか