VisualDermaltology

  • 最新号の紹介
  • バックナンバー
  • 画像診断誌について
  • 画像診断編集室へのお問い合わせ
  • 年間定期購読のお申し込み
  • リンク
書籍カテゴリー
ビジュアルブック
画像医学
皮膚科学
臨床工学
麻酔・救急・集中治療医学
医療とコンピューター
医学その他
バイオサイエンス
看護学
看護師国試対策
辞典・事典・カード
薬学
介護
医療安全
精神医学・心理
放射線治療学
外科学
内科学
雑誌
  • 画像診断
  • Clinical Engineering
  • Visual Dermatology
  • NURSiNG
  • Nursing Canvas
  • ICNR
アーカイブ
  • 細胞工学

HOME » 画像診断 » 2020年11月号

画像診断 Vol.40 No.13 2020年11月号

サイズ:
B5判
定価:
本体2,500円(税別)
発行年月:
2020年10月25日発行
ISBN_10:
4-7809-0534-6
ISBN_13:
978-4-7809-0534-2

診断を決める! 婦人科画像診断のルールブック

オンライン書店で購入する
  • 神陵文庫
  • 紀伊國屋書店
  • amazon.co.jp
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • shop.Gakken

【特集】
序説 ●坪山 尚寛

 診断を“決める”――読影やカンファレンスで私が唯一心掛けていることです.診断を“当てる”ことが何より重要と信じていた(憧れていた)頃もありました.確かに画像診断の精度は向上しています.画像診断は当たって当然,という風潮さえ漂っているように感じます.しかし,それは幻想です.現実において画像診断は不完全なものであり,一定の割合で必ず間違えます.特に,腫瘍の画像診断は細胞レベルへの挑戦であり,画像で細胞がみえない以上,そもそも当たるわけがないのです(当たることは逆にすごいことなのです!).それでも臨床の現場で感じるのは,「ある程度間違えてもいいから,診断を決めて欲しい」という画像診断への期待です.診断を決めないことには治療方針が決まりません.放射線科医が間違いを恐れて明確な診断を避けた場合でも,診断を決める必要性は厳然として残り,その任務を主治医に丸投げしたにすぎません.もちろん,最終診断は様々な臨床情報を加味して主治医によって決定されるべきですが,画像診断に関する決定を放射線科医が担うか否かは,放射線科医の存在意義に関わる問題ではないでしょうか.放射線科医の仕事は診断を“当てる”ことではなく,むしろ完全には当たらないからこそ,“決める”ことだと思うのです.



序説 ● 坪山 尚寛
画像診断に役立つ婦人科病理組織学 ● 山田 隆司
子宮頸癌のMRI ● 樋本 祐紀,山ノ井 康二ほか
子宮内膜癌のMRI ● 上野 嘉子,今岡 いずみほか
子宮筋腫・肉腫のMRI ● 麻谷 美奈,布澤 悠磨ほか
子宮内膜症のMRI ● 中井 豪,山本 和宏ほか
付属器腫瘤のMRI ● 坪山 尚寛,福井 秀行ほか
リンパ節転移の画像診断-FDG-PET/CTを中心に- ● 尾谷 知亮,中本 裕士

【連載】
すとらびすむす
新三種の神器 ● 真鍋 徳子

画像診断と病理
Dysplastic cerebellar gangliocytoma(Lhermitte-Duclos disease) ● 星野 豊,亀田 浩之ほか

ここが知りたい!
画像診断2020年6月号特集
「肝胆膵の画像診断−おさえておきたいモダリティ別ポイント−」
● 福倉 良彦,出雲崎 晃

CASE OF THE MONTH
Case of November ● 佐藤 登朗,坂根 誠ほか
The Key to Case of September ● 沖野 佳,山本 聖人ほか

General Radiology診断演習
他人の空似 ● 井上 明星

Picked-up Knowledge from Foreign Journals
脊椎 ● 青木 隆敏

他科のエキスパートにお尋ねします−ここを教えていただけますか?
泌尿器編 ● 伊藤 敬一,新本 弘

Refresher Course
脳内鉄沈着を伴う神経変性症(NBIA)の画像診断
● 木村 有喜男,佐藤 典子