VisualDermaltology

  • 最新号の紹介
  • バックナンバー
  • 画像診断誌について
  • 画像診断編集室へのお問い合わせ
  • 年間定期購読のお申し込み
  • リンク
書籍カテゴリー
ビジュアルブック
画像医学
皮膚科学
臨床工学
麻酔・救急・集中治療医学
医療とコンピューター
医学その他
バイオサイエンス
看護学
看護師国試対策
辞典・事典・カード
薬学
介護
医療安全
精神医学・心理
放射線治療学
外科学
雑誌
  • 画像診断
  • Clinical Engineering
  • Visual Dermatology
  • NURSiNG
  • Nursing Canvas
  • ICNR
アーカイブ
  • 細胞工学

HOME » 画像診断 » 2020年10月号

画像診断 Vol.40 No.12 2020年10月号

サイズ:
B5判
定価:
本体2,500円(税別)
発行年月:
2020年09月25日発行
ISBN_10:
4-7809-0533-8
ISBN_13:
978-4-7809-0533-5

Value based medicine時代の心血管画像診断

オンライン書店で購入する
  • 神陵文庫
  • 紀伊國屋書店
  • amazon.co.jp
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • shop.Gakken

【特集】
序説 ●高瀬 圭

 超高齢社会の到来と,それに伴う医療経済の変化に直面している現在において,持続可能で国民の幸福に効率的に寄与する医療体制の構築が求められている.レベルの高い医療を提供しながらも,無駄を省き,コストを減らし,医療の効果が経済的視点からも妥当で納得できるように,医療行為を評価し直す必要に迫られている.
 そうした背景から,医療行為を行う際に,患者の「何に対して,どの程度有益なのか」に基づいて最善の医療を行おうとする“Value based medicine (価値に基づく医療)”が規範的な考え方となってきた.画像診断においても,その画像検査を評価することがどういった“有益さ”をもたらすかを理解した上で施行し,解釈することが必要となってきている.高齢化に伴い増加する循環器医療においても然りである.



序説 ● 高瀬 圭
超高齢社会における医療と循環器画像診断 ● 植田 琢也
ISCHEMIA試験の衝撃と虚血診断
−不要不急のカテーテル治療と,心臓カテーテル医が語りたがらない不都合な現実− ● 岩田 曜
Value based medicine時代の心臓CT ● 真鍋 徳子,常田 慧徳
Value based medicine時代の心臓MRI ● 木藤 雅文
Value based medicine時代の心臓核医学 ● 木曽 啓祐
冠動脈CTの検査法とFFR-CTの基本 ● 高木 英誠,大田 英揮
FFR-CTによる心筋虚血評価とPCIの適正化 ● 横井 宏佳
カテーテルによるFFR計測と冠動脈治療 ● 松尾 仁司

【連載】
すとらびすむす
“蒙古の怪人”をみて発信力や表現力について考えてみた ● 石神 康生

画像診断と病理
粘液線維肉腫 ● 原嶋 十考,中川 純一ほか

ここが知りたい!
画像診断2020年5月号特集
「腎・泌尿器の画像診断update」 ● 有田 祐起,片平 和博ほか

CASE OF THE MONTH
Case of October ● 堀 章裕,重里 寛ほか
The Key to Case of August ● 佐藤 力,東山 央ほか

General Radiology診断演習
モザイクと石灰化 ● 黒川 遼

Picked-up Knowledge from Foreign Journals
子宮内膜症 ● 高濱 潤子

投稿 症例
脊髄動脈瘤破裂により頭蓋内くも膜下出血を呈した1例
● 新井 鐘一,植木 香奈ほか

Refresher Course
間質性肺炎を診断する上で知っておくべき知識 ● 澄川 裕充