VisualDermaltology

  • 最新号の紹介
  • バックナンバー
  • 画像診断誌について
  • 画像診断編集室へのお問い合わせ
  • 年間定期購読のお申し込み
  • リンク
書籍カテゴリー
ビジュアルブック
画像医学
皮膚科学
臨床工学
麻酔・救急・集中治療医学
医療とコンピューター
医学その他
バイオサイエンス
看護学
看護師国試対策
辞典・事典・カード
薬学
介護
医療安全
精神医学・心理
放射線治療学
外科学
雑誌
  • 画像診断
  • Clinical Engineering
  • Visual Dermatology
  • NURSiNG
  • Nursing Canvas
  • ICNR
アーカイブ
  • 細胞工学

HOME » 画像診断 » 2020年7月号

画像診断 Vol.40 No.8 2020年7月号

サイズ:
B5判
定価:
本体2,500円(税別)
発行年月:
2020年06月25日発行
ISBN_10:
4-7809-0530-3
ISBN_13:
978-4-7809-0530-4

原点回帰! 骨軟部の単純X線写真を深く読み解こう

オンライン書店で購入する
  • 神陵文庫
  • 紀伊國屋書店
  • amazon.co.jp
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • shop.Gakken

【特集】
序説 ●小橋由紋子

 数年前に,関節の単純X線写真の翻訳を手がける機会を得た.この本はイギリスの医学生教育のために作成された教科書で,細部にわたり単純X線写真を理解するための工夫がなされていた.私にとっても復習になったり新たに学んだりと,単純X線写真の価値を再認識することができたと思う.しかしながら,医学生が臨床に携わる機会がないうちに,185ページもある単純X線写真の教科書を勉強するのは大変だろうなとも感じた.
 さて,学生時代はそれほど単純X線写真を学ぶ機会のないわが国ではどうだろうか? 放射線科医も果たして系統立てて学んでいるのだろうか? 若手の放射線科医にとって「単純X線写真は撮影しているけど情報が乏しいよね」なんて思っていないだろうか? もしくは「単純X線写真は整形外科の先生が読むもので,放射線科医はやっぱりCTやMRIでしょ」と考えていないだろうか? もしもそう考えている若手が増えているのであれば,単純X線写真の魅力や必要性を伝えられていないベテラン放射線科医の深い反省が必要である.ここで一度立ち止まり,原点に帰って単純X線写真について考えてみよう.



序説 ● 小橋 由紋子
単純X線写真の撮影法 ● 佐藤 光洋,本 佑一郎
変形性関節症 ● 山本 麻子,石川 祐一
関節リウマチ ● 神島 保
脊椎関節炎,結晶沈着性関節炎 ● 福田 健志,渡嘉敷 唯司ほか
骨折 ● 荻原 翔,小橋 由紋子ほか
術後単純X線写真の診断 ● 穴澤 卯圭,堀田 拓ほか
原発性骨腫瘍,転移性骨腫瘍 ● 鈴木 智大,江原 茂
正常変異,偽病変 ● 藤本 肇,宮川 国久

【連載】
すとらびすむす
Followership? ● 扇谷 芳光

画像診断と病理
縦隔原発混合型胚細胞腫瘍 ● 井浦 孝紀,吉川 仁人ほか

ここが知りたい!
画像診断2020年2月号特集
「MRI 再入門−放射線科医のためのマストアイテム−Part 1」
● 金澤 裕樹,阿部 考志ほか

CASE OF THE MONTH
Case of July ● 松岡 俊裕,北埜 玲美ほか
The Key to Case of May ● 田崎 裕太郎

General Radiology診断演習
色眼鏡をはずす ● 井上 明星

Picked-up Knowledge from Foreign Journals
虚血性心筋症 ● 中原 健裕,奥田 茂男ほか

他科のエキスパートにお尋ねします-ここを教えていただけますか?
頭頸部編 ● 結束 寿,馬場 亮

Refresher Course
免疫チェックポイント療法による合併症 ● 原田 太以佑