VisualDermaltology

  • 最新号の紹介
  • バックナンバー
  • 画像診断誌について
  • 画像診断編集室へのお問い合わせ
  • 年間定期購読のお申し込み
  • リンク
書籍カテゴリー
ビジュアルブック
画像医学
皮膚科学
臨床工学
麻酔・救急・集中治療医学
医療とコンピューター
医学その他
バイオサイエンス
看護学
看護師国試対策
辞典・事典・カード
薬学
介護
医療安全
精神医学・心理
放射線治療学
外科学
雑誌
  • 画像診断
  • Clinical Engineering
  • Visual Dermatology
  • NURSiNG
  • Nursing Canvas
  • ICNR
アーカイブ
  • 細胞工学

HOME » 画像診断 » 2020年4月号

画像診断 Vol.40 No.5 2020年4月号

サイズ:
B5判
定価:
本体2,500円(税別)
発行年月:
2020年03月25日発行
ISBN_10:
4-7809-0527-3
ISBN_13:
978-4-7809-0527-4

基礎から学ぶ肺癌の画像診断

オンライン書店で購入する
  • 神陵文庫
  • 紀伊國屋書店
  • amazon.co.jp
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • shop.Gakken

【特集】
序説 ●遠藤正浩

 『画像診断』2020年4月号の特集テーマとして,「基礎から学ぶ肺癌の画像診断」を企画させていただいた.
 肺癌診療は,分子標的薬から免疫チェック阻害薬の台頭で,日進月歩の勢いで大きく変化してきている.診療にとって重要な基本的事項は,肺結節の質的診断をはじめとする肺病変の診断を確実に行うことと,TNM分類に基づいて肺癌の病期を正確に診断することである.肺癌のTNM分類に関しては2017年1月に,『肺癌取扱い規約,第8版』が刊行され,それに基づいて診断が行われている.主な変更点は,T因子が細分化されたこと,微少浸潤性腺癌を新たにT1miとしたこと,腫瘍の最大径は浸潤性増殖を示す部分と考え,thin section CTによるすりガラス成分と充実成分の最大径の測定から,後者を浸潤性増殖部とし,充実性成分径としたことである.一方で,ほとんどの施設でマルチスライスCT/ボリュームデータで収集した撮影が行われ,最近では,より高分解能の高精細CTの登場により,ますます空間分解能の高い画像提供が可能となり,被ばく線量を軽減してもノイズの少ない画像再構成も可能となってきている.さらに,画像処理技術も進歩し,各種のワークステーションを用いて,多断面のみならず3D画像や臓器内のsegmen­tationなども容易にできるようになり,肺癌の診断・治療にますます寄与できる画像提供がCTで可能となっている.



序説 ● 遠藤 正浩
肺区域の画像診断−孤立性肺結節を正確に診断するために− ● 負門 克典
部分充実型肺癌の診断−典型例と非典型例− ● 梁川 雅弘,秦 明典ほか
充実型肺癌の診断 ● 佐藤 嘉尚,冨永 循哉
粘液性腺癌の診断 ● 鈴木 一廣,村上 康二
肺門部肺癌の手術適応診断のポイント ● 竹中 大祐
肺癌の3次元CT・PET/CT診断−原発巣の診断と悪性度− ● 岩野 信吾,伊藤 信嗣ほか
転移性肺腫瘍の診断−転移の機序と分布や形態からみた鑑別診断− ● 角 明子,近末 智雅ほか
画像診断医が知っておきたい肺癌内科治療 ● 宮脇 英里子,高橋 利明

【連載】
すとらびすむす
時は流れる ● 藤永 康成

『画像診断』40周年に寄せて
団塊の世代が高齢者層に突入! ● 福田 国彦

画像診断と病理
涙腺多形腺腫 ● 海地 陽子,坂根 寛晃ほか

ここが知りたい!
画像診断2019年11月号特集
「時系列から学ぶ呼吸器疾患の画像診断」 ● 石村 茉莉子,佐藤 晴佳ほか

Picked-up Knowledge from Foreign Journals
卵巣嚢胞性腫瘤の内容液 ● 高濱 潤子

CASE OF THE MONTH
Case of April ● 大木 望,上谷 雅孝
The Key to Case of February ● 瀬川 景子,上谷 雅孝

General Radiology診断演習
キーワードに敏感になりましょう ● 黒川 遼

Refresher Course
n-butyl-2-cyanoacrylate(NBCA)塞栓 ● 高尾 英正

「画像診断」各賞受賞者発表 第25回MVP賞,第16回BIE賞
CASE OF THE MONTH 2019年 成績優秀者発表