VisualDermaltology

  • 最新号の紹介
  • バックナンバー
  • 画像診断誌について
  • 画像診断編集室へのお問い合わせ
  • 年間定期購読のお申し込み
  • リンク
書籍カテゴリー
ビジュアルブック
画像医学
皮膚科学
臨床工学
麻酔・救急・集中治療医学
医療とコンピューター
医学その他
バイオサイエンス
看護学
看護師国試対策
辞典・事典・カード
薬学
介護
医療安全
精神医学・心理
放射線治療学
外科学
雑誌
  • 画像診断
  • Clinical Engineering
  • Visual Dermatology
  • NURSiNG
  • Nursing Canvas
  • ICNR
アーカイブ
  • 細胞工学

HOME » 画像診断 » 2019年11月号

画像診断 Vol.39 No.13 2019年11月号

サイズ:
B5判
定価:
本体2,400円(税別)
発行年月:
2019年10月25日発行
ISBN_10:
4-7809-0522-2
ISBN_13:
978-4-7809-0522-9

時系列から学ぶ呼吸器疾患の画像診断

オンライン書店で購入する
  • 神陵文庫
  • 紀伊國屋書店
  • amazon.co.jp
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • shop.Gakken

【特集】
序説 ●西本優子

 日本の放射線科医は,とにかく忙しい.画像管理加算を達成しつつ,ワークライフバランスを大事にするためには,沢山の所見を効率良くこなさないといけない.ついつい,1回前の検査と比較して「変化なし」と書いて終了することも多いと思う.大多数の症例はそれで差し支えない(はず)だが,時に次回の画像検査に,「うわっ!!」と心の中で絶叫し,もっと複数回の過去画像と比較しておけばよかったと反省する….本特集を手にとってくださった多くの先生には,そんなご経験がおありではないだろうか.
 呼吸器領域に限らず,どの領域であっても,異常所見の拾い上げや鑑別診断の絞り込みには,過去画像を振り返り,経時的変化を確認することが有用である.
 特に胸部領域では,使用できるモダリティが少なく,画像所見も非特異的な所見の組み合わせが多いため,複数回の胸部単純X線写真とCTから,経時的変化や進行速度を確認することで確定診断に近づいたり,治療方針決定に役立ったり,今後の経過で注意しておくべきことを予測できたりするようになってくる(もちろん,画像所見だけでなく,症状や病理所見を含めた各種検査などの臨床情報を押さえることも重要であり,臨床医との日常的なコミュニケーションやディスカッションが大切であることはいうまでもない).



序説 ● 西本 優子
腫瘍性疾患 ● 石村 茉莉子,室田 真希子ほか
肺感染症 ● 岡田 文人,佐藤 晴佳ほか
職業性疾患 ● 加藤 勝也
気道病変,嚢胞性疾患 ● 松下 彰一郎,八木橋 国博ほか
間質性肺炎 ● 西本 優子,野間 惠之ほか
肉芽腫性疾患,腫瘍性・腫瘍類似疾患 ● 大谷 秀司

【連載】
すとらびすむす
ドラクエの思い出 ● 五島 聡

画像診断と病理
副腎神経節細胞腫 ● 吉田 耕太郎,蒲田 敏文ほか

ここが知りたい!
画像診断2019年6月号特集
「産科領域のCT,MRI update」 ● 坪山 尚寛,倉田 靖桐

画像診断再入門
単純X線写真におけるラインの位置確認の基本 ● 舩越 拓

Picked-up Knowledge from Foreign Journals
脊椎MRI ● 青木 隆敏

CASE OF THE MONTH
Case of November ● 秋元 達也,高瀬 圭
The Key to Case of September ● 佐藤 志帆,高瀬 圭

General Radiology診断演習
全身を駆け巡る ● 井上 明星

他科のエキスパートにお尋ねします-ここを教えていただけますか?
肝臓編 ● 山下 竜也,小林 聡

Refresher Course
胃X線検査によるHelicobacter pylori菌感染を意識した背景粘膜診断● 伊藤 高広,吉川 公彦