VisualDermaltology

  • 最新号の紹介
  • バックナンバー
  • 画像診断誌について
  • 画像診断編集室へのお問い合わせ
  • 年間定期購読のお申し込み
  • リンク
書籍カテゴリー
ビジュアルブック
画像医学
皮膚科学
臨床工学
麻酔・救急・集中治療医学
医療とコンピューター
医学その他
バイオサイエンス
看護学
看護師国試対策
辞典・事典・カード
薬学
介護
医療安全
精神医学・心理
放射線治療学
外科学
雑誌
  • 画像診断
  • Clinical Engineering
  • Visual Dermatology
  • NURSiNG
  • Nursing Canvas
  • ICNR
アーカイブ
  • 細胞工学

HOME » 画像診断 » 2019年4月号

画像診断 Vol.39 No.5 2019年4月号

サイズ:
B5判
定価:
本体2,400円(税別)
発行年月:
2019年03月25日発行
ISBN_10:
4-7809-0515-X
ISBN_13:
978-4-7809-0515-1

肺に淡い陰影が広がっていたらどう診断するか?

オンライン書店で購入する
  • 神陵文庫
  • 紀伊國屋書店
  • amazon.co.jp
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • shop.Gakken

【特集】
序説 ●楠本昌彦

 物事を完璧に理解できることは素晴らしい.しかし,すべてのことがすんなりと完璧に理解できるかといえば,そうではない場合もある.特に対象物が複雑でかつ曖昧なものが多い場合,細かい理解はもちろん,本筋となる事柄の理解も難しい場合がある.ましてや類似の事柄との区別識別は困難を極める.
 肺に淡い陰影が広がっていたらどう診断するか?ここでいう淡い陰影とは,“もわっとした”,あるいは“ふわっとした白っぽい影”が,肺にみられる状態を指す.多少濃くても,淡くても構わない.均一であっても,不均一であっても構わない.淡い陰影には,すりガラス影が含まれるが,必ずしもすりガラス影には限定しない.白っぽい影が大きく広がっていても,小さな淡い影がたくさんみられる場合も含まれる.言葉で表現することが難しい陰影もある.
 このような陰影をみた時,放っておいていいのか,抗菌薬や抗生剤を投与するのがいいのか,ステロイドを投与すべきなのか,水を抜くのか,そんな道しるべを画像に求められることがある.その上で,この病態が治療に反応して元通りになることが期待できるのか,治療しても傷跡のようなものを残して安定した状態になることが予想されるのか,あるいは有効な治療が見込めず,もうどうしようもないのか示すことができれば,患者のマネージメントに役立つ.



序説 ● 楠本 昌彦
すりガラス影の成り立ち ● 島本 綾,芦澤 和人
間質性肺炎から考えてみよう ● 冨永 循哉,佐藤 嘉尚
急性感染症を考えなければならない所見 ● 國弘 佳枝,田中 伸幸
アレルギー性肺疾患を疑うとき ● 松本 晋作,杉浦 弘明ほか
循環障害を考えてみるとき ● 神谷 武志,藪内 英剛ほか
薬剤性肺障害を疑うとき ● 遠藤 正浩,朝倉 弘郁
その他の病態を考えるとき ● 江頭 玲子,中園 貴彦ほか

【連載】
すとらびすむす
AI,放射線診断の救世主あるいは征服者 ● 栗山 啓子

画像診断と病理
縦隔奇形腫 ● 中根 俊樹,岩野 信吾ほか

ここが知りたい!
画像診断2018年11月号特集
「Precision Medicine時代の肺癌の画像診断」 ● 石﨑 海子,藪内 英剛

画像診断 再入門
第1 回 救急外来で見落としやすい骨折の画像診断−小児から高齢者まで−
● 宇田川 和彦

Picked-up Knowledge from Foreign Journals
子宮頸癌 ● 高濱 潤子,吉川 公彦

CASE OF THE MONTH
Case of April ● 神田 知紀
The Key to Case of February ● 田中 宇多留

General Radiology診断演習
Where are you from? ● 黒川 遼,中井 雄大

他科のエキスパートにお尋ねします-ここを教えていただけますか?
膵臓編 ● 花田 敬士,蒲田 敏文

Refresher Course
膵充実性腫瘍のCTおよびMRI ● 福倉 良彦,熊谷 雄一ほか

「画像診断」各賞受賞者発表 第24回 MVP賞,第15回 BIE賞
CASE OF THE MONTH 2018年成績優秀者発表