VisualDermaltology

  • 最新号の紹介
  • バックナンバー
  • 画像診断誌について
  • 画像診断編集室へのお問い合わせ
  • 年間定期購読のお申し込み
  • リンク
書籍カテゴリー
ビジュアルブック
画像医学
皮膚科学
臨床工学
麻酔・救急・集中治療医学
医療とコンピューター
医学その他
バイオサイエンス
看護
看護師国試対策
辞典・事典・カード
薬学
介護
医療安全
雑誌
  • 画像診断
  • Clinical Engineering
  • Visual Dermatology
  • NURSiNG
  • Nursing Canvas
  • ICNR
アーカイブ
  • 細胞工学
  • MedicalAlliance

HOME » 画像診断 » 2018年4月号

画像診断 Vol.38 No.5 2018年4月号

サイズ:
B5判
定価:
本体2,400円(税別)
発行年月:
2018年03月24日発行
ISBN_10:
4-7809-0503-6
ISBN_13:
978-4-7809-0503-8

解剖から迫る呼吸器画像診断

オンライン書店で購入する
  • 神陵文庫
  • 紀伊國屋書店
  • amazon.co.jp
  • セブンネットショッピング
  • shop.Gakken

【特集】
序説 ●髙橋 雅士

 約1年前に,編集部から,”解剖から迫る呼吸器画像診断”というたいへん難しい企画を担当するように依頼された.
 何故難しいかを以下に記す.
 我々が日常行っている画像診断は大まかにいって次のような段階を踏んで行われる.
 1. 正常解剖を理解する.
 2. 病態が正常解剖にどのように分布し,あるいはその正常解剖を変化させていくかを理解する.
 3. 2を示す病態の頻度,臨床所見との整合性によって鑑別診断を行う.
 したがって,胸部画像診断を解剖から迫るのは至極当然のアプローチであり,「今さらながら,解剖から迫るといわれても……」という思いがあった.病変を解剖学と絡ませて,鑑別診断を論じてもらう,という企画ではあまりに表層過ぎるし,薄っぺらい特集号に終わってしまうのではないか.そこで,“解剖”というキーワードを敢えて日常臨床から切り離し,とことん解剖にこだわった病態生理を論じてもらうような企画を立ててみた.もちろん,解剖学と生理学は不可分の関係にあり,生理学的な病態の解釈にも言及していただくようにお願いした.


序説 ● 髙橋 雅士
無気肺の成り立ちと肺葉,葉間裂,肺靱帯の解剖 ● 芦澤 和人,森 美央
上肺野に多い病変,下肺野に多い病変 ● 西本 優子,野間 恵之ほか
横断面における内外層の肺病変分布−解剖学,生理学,システム生物学による考察− ● 藤本 公則
小葉中心性病変 ● 冨永 循哉,佐藤 嘉尚
リンパ路に沿った分布を呈する病変 ● 江頭 玲子,中園 貴彦ほか
肺胞隔壁性間質病変−IPF/UIPを中心に− ●村田 喜代史,新田 哲久ほか

【連載】
すとらびすむす
理想はマツコ・デラックス? ● 横山 健一

画像診断と病理
非浸潤性膵管内乳頭粘液性腺癌(IPMC) ● 浅野 雄大,金澤 右ほか

ここが知りたい!
画像診断2017年11月号特集
「頭部単純CT─読影の基本と偶発的所見のマネジメント─」
● 鈴木 通真,浮洲 龍太郎ほか

Picked-up Knowledge from Foreign Journals
CTで発見される子宮,付属器の偶発所見 ● 藤井 進也

CASE OF THE MONTH
Case of April ● 菅原 茂耕,伊藤 浩
The Key to Case of February ● 箱崎 元晴,伊藤 浩

General Radiology診断演習
第8 回 急速に進行する呼吸苦……どう考える? ● 木口 貴雄

他科のエキスパートにお尋ねします-ここを教えていただけますか?
胸部編 ● 一門 和哉

Refresher Course
精巣腫瘍の病期診断,治療効果判定,経過観察 ● 山田 香織

第23回「画像診断」MVP賞
第14回「画像診断」Best Invited Editor賞受賞者発表
CASE OF THE MONTH 2017年成績優秀者発表