VisualDermaltology

  • 最新号の紹介
  • バックナンバー
  • 画像診断誌について
  • 画像診断編集室へのお問い合わせ
  • 年間定期購読のお申し込み
  • リンク
書籍カテゴリー
ビジュアルブック
画像医学
皮膚科学
臨床工学
麻酔・救急・集中治療医学
医療とコンピューター
医学その他
バイオサイエンス
看護学
看護師国試対策
辞典・事典・カード
薬学
介護
医療安全
精神医学・心理
放射線治療学
外科学
雑誌
  • 画像診断
  • Clinical Engineering
  • Visual Dermatology
  • NURSiNG
  • Nursing Canvas
  • ICNR
アーカイブ
  • 細胞工学

HOME » 画像診断 » 2014年10月号

画像診断 Vol.34 No.12 2014年10月号

サイズ:
B5判
定価:
本体2,400円(税別)
発行年月:
2014年09月25日発行
ISBN_10:
4-7809-0059-X
ISBN_13:
978-4-7809-0059-0

泌尿器疾患のガイドライン

─診療の流れと画像検査の位置づけ─

オンライン書店で購入する
  • 紀伊國屋書店
  • amazon.co.jp
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • shop.Gakken

メディカルオンラインで本号の記事の電子版を購入
【特集】
序説 ●楫 靖

 診療ガイドラインは近年,日本国内,海外ともに盛んに作成,アップデートされているが,画像検査をわかりやすく解説しているものは少数しかない.このため,日本医学放射線学会と日本放射線科専門医会・医会との合同作業で,「画像診断ガイドライン2013年版」が作成された.標準的な撮影法についての説明の後に,診療上の疑問(clinical question;CQ)とその解説が記載されており,CQのほとんどで,“何らかの条件下に”画像検査は有用か否かが論じられている.すなわち,診療の流れを正しく知り,画像検査で得られる情報と結びつけ,どのような対象にどのような条件下で撮影すれば画像検査が役立つかを理解し,検査を実践することが放射線科医に求められている.
 本特集では,泌尿器疾患に関する標準的な診療ガイドラインを用いて,疾患の診療の流れを学ぶことを1つめの目的とした.2つめの目的として“どのような状況下で画像検査が役立つ(または役立たない)とされているのか”について学び,判断のタイミングと代表的な画像所見の重要性を認識できるようにした.画像診断医に診療ガイドラインに親しみをもってもらい,“診療の流れを意識しながら画像検査を進める”という姿勢を再確認するきっかけとなるように,診療科と上手にコミュニケーションをとりながら,この姿勢を適切に実践していらっしゃる先生方に執筆をお願いした.
 本特集により,診療ガイドラインに記載されている内容について十分理解した上で,現場の状況を加味し,よりよい画像検査を実施する施設が増えることを期待したい.

副腎腫瘍 ● 内匠 浩二,福倉 良彦ほか
腎腫瘍 ● 秋田 大宇,陣崎 雅弘
腎盂尿管癌 ● 北島 一宏,高橋 哲ほか
膀胱腫瘍 ● 重里 寛,鳴海 善文
尿路結石症 ● 丸上 永晃,平井 都始子ほか
前立腺癌 ● 玉田 勉,曽根 照喜ほか
精巣腫瘍 ● 山田 香織,永野 仁美ほか
小児泌尿器疾患 ● 宮坂 実木子,野坂 俊介


【連載】
すとらびすむす
放射線診断医の役割とイメージ ● 陣崎雅弘

画像診断と病理
卵巣未熟奇形腫 ● 鈴木 美樹子,松浦 智徳ほか

ここが知りたい!
画像診断2014年5月号特集
「女性骨盤の画像スペクトラム─生理的変化と良性病変のwide variation─」
● 藤井 進也,谷尾 宜子ほか

Picked-up Knowledge from Foreign Journals
卵巣奇形腫 ● 藤井 進也

CASE OF THE MONTH
Case of October ● 大野 仁司
The Key to Case of August ● 内野 晃

英語発表は怖くない
第4回 ● 前田 恵理子

Refresher Course
医学研究における統計解析手法の選択 ● 松山 裕