VisualDermaltology

  • 最新号の紹介
  • バックナンバー
  • 画像診断誌について
  • 画像診断編集室へのお問い合わせ
  • 年間定期購読のお申し込み
  • リンク
書籍カテゴリー
ビジュアルブック
画像医学
皮膚科学
臨床工学
麻酔・救急・集中治療医学
医療とコンピューター
医学その他
バイオサイエンス
看護学
看護師国試対策
辞典・事典・カード
薬学
介護
医療安全
精神医学・心理
放射線治療学
外科学
雑誌
  • 画像診断
  • Clinical Engineering
  • Visual Dermatology
  • NURSiNG
  • Nursing Canvas
  • ICNR
アーカイブ
  • 細胞工学

HOME » 画像診断 » 2015年6月号

画像診断 Vol.35 No.7 2015年6月号

サイズ:
B5判
定価:
本体2,400円(税別)
発行年月:
2015年05月25日発行
ISBN_10:
4-7809-0067-0
ISBN_13:
978-4-7809-0067-5

腫瘍に対する分子標的療法の現状と画像評価

オンライン書店で購入する
  • 紀伊國屋書店
  • amazon.co.jp
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • shop.Gakken

メディカルオンラインで本号の記事の電子版を購入
【特集】
序説 ● 陣崎雅弘

 今回は「腫瘍に対する分子標的療法の現状と画像評価」をテーマとして取り上げた.抗癌薬は,細胞傷害性抗癌薬,ホルモン薬・ホルモン拮抗薬,分子標的治療薬に大きく分けられる.従来,細胞増殖の機序を阻害する細胞傷害性抗癌薬が主に用いられてきたが,腫瘍だけでなく増殖の盛んな正常細胞も傷害するという大きな副作用を伴っていた.近年,癌の増殖に関連する分子あるいは分子シグナルを特異的に阻害する分子標的治療薬が開発されてきた.その治療薬は特定の分子を標的としているため,正常細胞への毒性が少なく,細胞傷害性抗癌薬より高い奏効性をもたらす.


分子標的療法の基礎的知識 ● 増田健太,佐谷秀行
脳腫瘍 ● 増本智彦
肺癌 ● 遠藤正浩,朝倉弘郁ほか
乳癌 ● 町田洋一,戸崎光宏ほか
肝細胞癌 ● 小林 聡,香田 渉ほか
GIST ● 村上康二
大腸癌 ● 白神伸之,鈴木秀明ほか
腎細胞癌 ● 中井川 昇
悪性リンパ腫 ● 立石宇貴秀


【連載】
すとらびすむす
忙しい中で“無為自然”の心構え ● 佐藤秀一

画像診断と病理
精上皮腫 ● 吉田理佳,吉廻 毅ほか

ここが知りたい!
画像診断2015年1月号特集
「鼻副鼻腔領域の画像診断 ─minimum requirement─」
● 加藤博基,浮洲龍太郎

Picked-up Knowledge from Foreign Journals
神経放射線:polymer emboli ● 森 墾

おさえておきたい! PET/CT診断のポイント
第6回 消化器(食道,胃,大腸) ● 北島一宏

CASE OF THE MONTH
Case of June ● 上村清央,中條正典ほか
The Key to Case of April ● 中條正典,上村清央ほか

Refresher Course
脊椎関節炎 ─その概念,病態,診断について─ ● 福庭栄治