VisualDermaltology

  • 最新号の紹介
  • バックナンバー
  • VisualDermaltology誌について
  • VisualDermaltology編集室へのお問い合わせ
  • 年間定期購読のお申し込み
  • リンク
書籍カテゴリー
ビジュアルブック
画像医学
皮膚科学
臨床工学
麻酔・救急・集中治療医学
医療とコンピューター
医学その他
バイオサイエンス
看護学
看護師国試対策
辞典・事典・カード
薬学
介護
医療安全
精神医学・心理
放射線治療学
外科学
内科学
リハビリテーション
雑誌
  • 画像診断
  • Clinical Engineering
  • Visual Dermatology
  • NURSiNG
  • Nursing Canvas
  • ICNR
アーカイブ
  • 細胞工学

Visual Dermatology Vol.12 No.3 2013年3月号

定価:
3,080円(税込)
発行年月:
2013年02月25日発行
ISBN_10:
4-7809-0340-8
ISBN_13:
978-4-7809-0340-9

全身性細菌感染症

─壊死性筋膜炎の診断・治療を中心に

オンライン書店で購入する
  • 紀伊國屋書店
  • amazon.co.jp
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • shop.Gakken

総論
壊死性筋膜炎の診断・治療について
中村 晃一郎

Part 1. 全身性重症感染症(壊死性筋膜炎)の原因菌と診断(総説)
総説 01
全身性重症感染症の臨床症状
日野 治子

総説 02
壊死性筋膜炎の診断─壊死性筋膜炎と蜂窩織炎との鑑別
黒川 一郎,芝岡 美枝

総説 03
壊死性筋膜炎の画像診断
沢田 泰之

Part 2. 壊死性筋膜炎と合併症の治療(総説)
総説 04
壊死性筋膜炎の外科的治療─デブリードマンについて
大原 國章

総説 05
壊死性筋膜炎における敗血症の病態と治療
高須 修

総説 06
壊死性筋膜炎の起炎菌と抗菌薬の選択
山﨑 修

総説 07
壊死性筋膜炎に対する局所陰圧閉鎖療法
石川 昌一,市岡 滋

Part 3. 全身性重症感染症(壊死性筋膜炎)の原因菌と診断(症例)
case 01
膿疱・血疱を伴った壊死性筋膜炎
今門 純久

case 02
下腿に紫斑,水疱を生じた壊死性筋膜炎
寺木 祐一

case 03
血疱を伴ったStreptococcus dysgalactiae ssp. equisimilisによる
壊死性筋膜炎
奥沢 康太郎,竹中 秀也

case 04
上肢の壊死性筋膜炎
藤井 紀和,藤本 徳毅

case 05
顔面頸部の壊死性筋膜炎
松井 恒太郎,牧野 輝彦,清水 忠道

case 06
フルニエ壊疽─基礎疾患のない患者に発症した例
緒方 大

case 07
フルニエ壊疽(非クロストリジウム性ガス壊疽)の睾丸埋没手術
─仙骨部褥瘡から進展した非クロストリジウム性ガス壊疽
緒方 大

case 08
亜急性の経過をたどった壊死性筋膜炎
盛山 吉弘,松永 剛

case 09
下肢の切断で救命しえた壊死性筋膜炎
大野 志保,難波 純英,中村 晃一郎,倉持 朗,土田 哲也

case 10
壊死性筋膜炎後皮膚欠損に対する局所陰圧閉鎖療法の使用経験
柳澤 宏人,緒方 大

Part 4. 壊死性筋膜炎とその周辺の重症感染症(症例)
case 11
Vibrio vulnificusによる壊死性筋膜炎
井上 雄二

case 12
Toxic shock-like症候群─蜂窩織炎との鑑別が必要となった症例
町野 哲

case 13
劇症型A群連鎖球菌によるToxic shock-like症候群
桑原 慎治,清水 千尋,清原 隆宏,熊切 正信,安田 聖人

case 14
TSST-1,SEA産生Staphylococcus aureusによるToxic shock症候群
沢田 泰之

case 15
透析治療を要したToxic shock症候群
大野 志保,広藤 亜樹子,難波 純英,瀧口 光次郎,中村 晃一郎,
倉持 朗,土田 哲也

case 16
非クロストリジウム性ガス壊疽
永田 誠

case 17
直腸癌を合併した臀部クロストリジウム性ガス壊疽
飯田 絵理,出光 俊郎

case 18
下腹部ガス壊疽
日野 治子

case 19
鼠径部に生じたガス壊疽
難波 純英

--------------------------------------------------------------------------------
●連載目次●
◆羅針盤
ものごとの立体視
中村 晃一郎

◆皮膚疾患のchronology
外歯瘻の治癒経過
大原 國章

◆CPC
桐生 美麿

◆即答組織診断!
常深 祐一郎

◆基本のPathology
免疫組織化学immunohistochemistry(IHC)
② 中間径フィラメントを標識する抗体の特徴と選択法
─抗ケラチン抗体を中心に
今山 修平

◆Your Diagnosis?
3月号の出題
中川 浩一
1月号の解答
常深 祐一郎

◆コラム
『廓讀本』にみる売春史(2)─サックの要
小野 友道

市場を歩く(81)
ホーチミン 露天商(2)
金子 健彦

◆Book Review
皮膚科臨床アセット11
「シミと白斑 最新診療ガイド」
レビュアー:川田 暁

◆エッセイ
My favorite parks mini
浜離宮恩賜庭園
相馬 和子

◆Photo Essay
苺肌
塚谷 裕一