NURSiNG

  • 最新号の紹介
  • バックナンバー
  • 月刊ナーシングについて
  • 月刊ナーシング編集室へのお問い合わせ
  • 年間定期購読のお申し込み
  • リンク
書籍カテゴリー
ビジュアルブック
画像医学
皮膚科学
臨床工学
麻酔・救急・集中治療医学
医療とコンピューター
医学その他
バイオサイエンス
看護学
看護師国試対策
辞典・事典・カード
薬学
介護
医療安全
精神医学・心理
放射線治療学
外科学
雑誌
  • 画像診断
  • Clinical Engineering
  • Visual Dermatology
  • NURSiNG
  • Nursing Canvas
  • ICNR
アーカイブ
  • 細胞工学

HOME » 月刊ナーシング » 2013年9月号

月刊ナーシング Vol.33 No.10

月刊ナーシング Vol.33 No.10 2013年9月号

サイズ:
AB判
頁数:
160ページ
定価:
本体1,143円(税別)
発行年月:
2013年08月20日発行

急変対応中の急変はこう乗り切れ!

急変・重症患者に起こっている「異変」の根拠

オンライン書店で購入する
  • 紀伊國屋書店
  • amazon.co.jp
  • セブンネットショッピング
  • shop.Gakken

メディカルオンラインで本号の記事の電子版を購入
2013年9月号
contents

【特集1】
急変対応中の急変はこう乗り切れ!
想定外のアクシデントにどう対応するか?
監修:小林正直

総 論
急変対応中の「ピットフォール(落とし穴)」 
その起こりうることへの対処とは

各 論
痙攣にジアゼパムを静注したがどうも様子がおかしい!
心停止患者の胸骨圧迫中に,患者が大量に嘔吐して,さらに誤嚥している!
胸水が貯留して急にSpO2低下.そのドレナージ中,ショック状態に!
低体温症で意識障害患者の復温時に,さらに全身状態が悪化し,ショック状態に!
意識障害患者に対してフルマゼニル(ベンゾジアゼピン拮抗薬)を使用したら,痙攣をきたした!
徐脈(徐拍)のアルゴリズムにのっとった診療中に心停止となった!
高アンモニア血症を伴う意識障害に対し,分岐鎖アミノ酸製剤を点滴静注したが,一向に改善しない!
総胆管結石症の患者がショックになった.ドパミンを投与しても改善しない!
呼吸不全の患者にバッグ・マスク換気を行ったら,さらにSpO2が低下し心停止に! 
安定した頻脈患者にアデノシンを静注したら心室細動になった! 
意識障害患者の呼吸状態が悪化した.気管挿管したところ,血圧が250mmHgを超し,瞳孔散大が出た!
重症心不全患者に対し,気管挿管をしようとして鎮静薬を投与したら,血圧が出なくなった!
通常治療に反応しない喘息重積発作に気管挿管を行ったら,かえって換気ができなくなった!
抗菌薬投与時にアレルギー症状が発生し,投与されたステロイドによるショック発生!

【特集2】
急変・重症患者に起こっている「異変」の根拠
侵襲とショックの機序から学ぶ 
道又元裕

【SERIES】
〔臨床実践力が飛躍的にアップ! 疾患別フィジカルアセスメント〕
第6回 腎不全 監修:佐藤憲明  執筆:二藤真理子

〔脳神経外科手術レクチャー〕
第3回 頸部内頸動脈血栓内膜剥離術(CEA)
監修:森田明夫  執筆:木村俊運,佐藤美智子,原直子

〔Nursing View 看護に役立つトレンドを知る〕
重症患者を早期回復へと導く
ABCDEバンドルとは? 後藤順一
痛みを数量化する装置
痛み測定器Pain Visionとは 花岡一雄
事故の再発防止に向けた注意喚起を
経腸栄養患者への高濃度酢酸液注入事故 小西敏郎

〔practice note 実践の根拠と臨床知を探る〕
RRS,きちんと説明できますか? 
広がりを見せるRapid Response System(RRS):
その長所と問題点 武居哲洋
岡山大学病院での取り組みをもとに
小児のプレパレーションの概要と現状 半田浩美

〔最新知見がわかる・使えるブンケン情報〕
第6回 頭部の首振りや屈曲・伸展は,気管チューブの事故抜管リスクになる?
監修:卯野木健  執筆:櫻本秀明

〔ケアに活かす! ナースのためのカンタン免疫学〕
第14回 抗体(免疫グロブリン)はどのようにしてできるの? 江本正志,江本善子

【REPORT】
“におい”への看護的アプローチ
岡山大学病院 病院特有の“におい”を緩和するためコンパクトな消臭専用機を導入

【Voice of Nurse】
亀ちゃんの臨床ダイアリー2013 
亀井有子
Monthly ARU ARU / Nursingトーク
on-offで役立つグッズをセレクト 
ナースのモノろぐ

INFORMATION
Book Review
INFORMATION 学会&イベント
バックナンバー