NURSiNG

  • 最新号の紹介
  • バックナンバー
  • 月刊ナーシングについて
  • 月刊ナーシング編集室へのお問い合わせ
  • 年間定期購読のお申し込み
  • リンク
書籍カテゴリー
ビジュアルブック
画像医学
皮膚科学
臨床工学
麻酔・救急・集中治療医学
医療とコンピューター
医学その他
バイオサイエンス
看護学
看護師国試対策
辞典・事典・カード
薬学
介護
医療安全
精神医学・心理
放射線治療学
外科学
内科学
リハビリテーション
雑誌
  • 画像診断
  • Clinical Engineering
  • Visual Dermatology
  • NURSiNG
  • Nursing Canvas
  • ICNR
アーカイブ
  • 細胞工学

HOME » 月刊ナーシング » 2016年4月号

月刊ナーシング Vol.36 No.4

月刊ナーシング Vol.36 No.4 2016年4月号

サイズ:
AB判
定価:
1,257円(税込)
発行年月:
2016年03月20日発行

合格点シリーズ まとめてピックアップ!4つの基本実践 ここまでできれば合格点

オンライン書店で購入する
  • 紀伊國屋書店
  • amazon.co.jp
  • セブンネットショッピング
  • shop.Gakken

メディカルオンラインで本号の記事の電子版を購入
【特集】
合格点シリーズ まとめてピックアップ!
4つの基本実践
ここまでできれば合格点

監修:道又元裕

Part1 人工呼吸管理がわかる
01 人工呼吸器装着患者の目的・種類がわかっている
02 人工呼吸器の各パーツがわかる
03 いざというときに人工呼吸器を使うことができる
04 人工呼吸器装着患者の日々のチェックができる
05 人工呼吸管理での,基本「設定」がわかる
06 SpO2が低下したときに包括対応ができる
07 アラームの種類とその原因・対処がわかっている
08 気管チューブの選択方法,固定で「やってはいけないこと」がわかる
09① 人工呼吸ケアで必ずおさえたい 「今はこうする」がわかっている 気管吸引
09② 人工呼吸ケアで必ずおさえたい 「今はこうする」がわかっている カフ圧管理
09③ 人工呼吸ケアで必ずおさえたい 「今はこうする」がわかっている 加温加湿
09④ 人工呼吸ケアで必ずおさえたい 「今はこうする」がわかっている 口腔ケア
09⑤ 人工呼吸ケアで必ずおさえたい 「今はこうする」がわかっている 鎮痛・鎮静
10 抜去後の観察ができる

Part2 急変対応がわかる
11 急変発生とその対応の全体のプロセスがわかっている
12 おさえておきたい急変の前触れサインについて把握できている
13 急変時の対応で,まずこれだけは準備すべき3ポイントを実行できる
14 急変発生時に,院内のサポート体制を利用できる
15 今いちばん新しいガイドラインをふまえて蘇生が行える
16 急変時に使用される薬の種類と使われ方を理解している
17 急変発生時の今どきの報告方法を知っている

Part3 ドレーン管理がわかる
18 患者状況を確認すれば,どんな目的で,どんなドレーンが入っているか理解できる
19 どんな種類のドレーンシステムか理解できる
20 ドレーン挿入患者の観察項目がわかり,評価が行える
21 排液の量・色変化の経過を知り,正常と異常が判別できる
22 バッグや回路の交換が根拠を持って行える
23 突然のトラブル対応が行える

Part4 心電図対応がわかる
24 なぜ,いま患者に心電図がついているか理解している
25 モニター画面の何をみて,どんな判断をすればよいかがわかる
26 波形の正常・異常と,その変化の見方がわかっている
27 致死的不整脈を見逃さず,伝達,蘇生へつなげることができる
28 心電図アラーム対応の原則を理解し,それぞれ対応できる
29 VTの重症度が判別でき,何をすべきか判断できる
30 房室ブロックがわかり危険かどうかがわかる
31 徐脈,頻脈の対応法がわかる
32① 心電図モニタと上手に付き合えている
危険に見えても安心してよい波形,正常に見えるけど実は危険な波形
32② 心電図モニタと上手に付き合えている
経過観察やケアに役立てる
32③ 心電図モニタと上手に付き合えている
急性期における心電図モニタの活用

4つの基本実践 これだけ合格ポイント114

【SERIES】
〔クリティカルケア看護のワザを身に付ける ICUトータルアセスメント〕
第11回 せん妄患者 監修:道又元裕 執筆:安藤有子

第20回 エビスのUSA留学ダイアリー 戎 初代

〔重症患者の尿管理ストラテジー いま現場は〕
第2回 重症患者の尿管理と並行して行う体温管理 監修:道又元裕 執筆:勝 博史

【REPORT】
日常業務にひそむリスクとその対策 
公立大学法人福島県立医科大学附属病院
輸液管理の安全確保・感染防止はスキルと知識に加え適正に使う意思が重要

【Voice of Nurse】
Nursingトーク

【INFORMATION】
Book Review
INFORMATION 学会&イベント