書籍カテゴリー
ビジュアルブック
画像医学
皮膚科学
臨床工学
麻酔・救急・集中治療医学
医療とコンピューター
医学その他
バイオサイエンス
看護学
看護師国試対策
辞典・事典・カード
薬学
介護
医療安全
精神医学・心理
放射線治療学
外科学
雑誌
  • 画像診断
  • Clinical Engineering
  • Visual Dermatology
  • NURSiNG
  • Nursing Canvas
  • ICNR
アーカイブ
  • 細胞工学

HOME » 電子書籍・アプリ

電子書籍・アプリ

全90件中 61~70件

詳細検索はこちら »

« 前のページへ | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 次のページへ »

ダーモスコピー超簡単ガイド 電子版

著:
田中勝
頁数:
184ページ
発行年月:
2010年04月01日発行

皮膚科医必修のダーモスコピーの基本が,見開き二頁構成で手に取るようにわかる.ハンディサイズの簡単ガイド.

詳細を見る

医療系スタッフのための情報システム入門 電子版

監・著:
嶋津秀昭(杏林大学保健学部生理・生体工学研究室教授)
著:
田中薫(杏林大学保健学部医用情報工学研究室准教授)
渡辺篤志(杏林大学保健学部医用情報工学研究室講師杏林大学保健学部医用情報工学研究室准教授)
頁数:
168ページ
発行年月:
2009年12月21日発行

医療の情報システムとネットワーク,医療スタッフがかかわるコンピュータの基本と利用法について平易にまとめました.

詳細を見る

ただいま、乳房再建中! 電子版

文:
川野すみれ
解説:
土井卓子
頁数:
120ページ
発行年月:
2009年06月19日発行

乳がん患者が,自らの診断・治療の過程をイラストに描きとめた,現在進行中の闘病絵日記.治療を担当した医師の解説もある.

詳細を見る

みき先生の皮膚病理診断ABC ③メラノサイト系病変 電子版

著:
泉美貴(東京医科大学医学教育学講座)
頁数:
144ページ
発行年月:
2009年04月01日発行

◎国試・専門医試験対策から,エキスパートの皮膚科医まで,必要な知識を満載しています. ◎項目ごとに2ページ見開き単位で記載し,皮膚病理の世界に気軽に入っていくことができます. ◎疾患概念や定義をはっきりさせたうえで,診断に役立つ所見を多数の組織写真を用いてわかりやすく紹介します. ◎色素細胞母斑と悪性黒色腫の違いを,簡潔に解説します.

詳細を見る

知っておきたい泌尿器のCT・MRI 電子版

編・著:
山下康行(熊本大学大学院医学薬学研究部放射線診断学部門 教授)
頁数:
384ページ
発行年月:
2008年10月01日発行

・大好評のKEY BOOKシリーズが2色刷りになって、より見やすくなりました! ・「泌尿器」の疾患を網羅し、章ごとに正常解剖・鑑別診断等を設けました.

詳細を見る

新版 所見からせまる脳MRI 電子版

編・著:
土屋一洋(杏林大学医学部放射線科 准教授)
青木茂樹(順天堂大学医学部放射線医学講座 教授)
大場洋(帝京大学医学部放射線科 准教授)
下野太郎(近畿大学医学部放射線医学教室 放射線診断学部門 講師)
頁数:
504ページ
発行年月:
2008年10月01日発行

・疾患の重要度,鑑別診断,所見のポイントが網羅された一覧表と日常遭遇する重要な疾患の画像を掲載しています. ・新しく「頭部MRI(一部CTも)における読影法―所見の取り方とコツ―」「錐体路の異常」「脳梁の異常」「両側小脳の異常」を設けました.

詳細を見る

いのちとこころを救う災害看護 電子版

監修:
小原真理子(日本赤十字看護大学教授)
頁数:
131ページ
発行年月:
2008年06月23日発行

災害看護は近年多発する事故災害や自然災害において、その重要度がますます上がっている。本書は基礎から徹底指導する画期的書。

詳細を見る

ナースのための図解健康の話 電子版

監修:
芦川和髙(大船中央病院附属診療所所長)
頁数:
168ページ
発行年月:
2008年06月20日発行

平易な文章と図解で全項目を解説.健康に関する素朴な疑問に答えるQ&A形式.患者とのコミュニケーションに生かせます.

詳細を見る

みき先生の皮膚病理診断ABC ②付属器系病変 電子版

著:
泉美貴(東京医科大学病理診断学講座)
頁数:
224ページ
発行年月:
2007年03月15日発行

◎国試・専門医試験対策から,エキスパートの皮膚科医まで,必要な知識を満載しています. ◎項目ごとに2ページ見開き単位で記載し,皮膚病理の世界に気軽に入っていくことができます. ◎疾患概念や定義をはっきりさせたうえで,診断に役立つ所見を多数の組織写真を用いてわかりやすく紹介します. ◎正常組織と関連づけて,わかりやすく付属器系の病変を解説します.

詳細を見る

拡散MRI 電子版

著:
荒木力(山梨大学大学院医学工学総合研究部先端医学部門放射線医学教室)
頁数:
240ページ
発行年月:
2006年08月31日発行

拡散に関する教科書や文献では,記号や数式に戸惑い,難しいと感じて敬遠する人が多くいます. そこで,著者が高校の数学や物理の教科書を見ながら勉強して,高校の教科書で見慣れているところまでで拡散の原理は理解できる,または思い出せるということを前提にわかりやすく丁寧に解説したのがこの本です. 本文以外に囲み記事(Appendix / Intermezzo / Profile / Math & Phys / Example)も多く,また興味のないところは飛ばしてもかまわないように【羅針盤】を設けてあるので,自分流に読み進められるように工夫されています.

詳細を見る

« 前のページへ | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 次のページへ »