NURSiNG

  • 最新号の紹介
  • バックナンバー
  • 月刊ナーシングについて
  • 月刊ナーシング編集室へのお問い合わせ
  • 年間定期購読のお申し込み
  • リンク
書籍カテゴリー
ビジュアルブック
画像医学
皮膚科学
臨床工学
麻酔・救急・集中治療医学
医療とコンピューター
医学その他
バイオサイエンス
看護
看護師国試対策
辞典・事典・カード
薬学
介護
医療安全
雑誌
  • 画像診断
  • Clinical Engineering
  • Visual Dermatology
  • NURSiNG
  • Nursing Canvas
  • ICNR
アーカイブ
  • 細胞工学
  • MedicalAlliance

HOME » 月刊ナーシング » 2017年3月号

月刊ナーシング Vol.37 No.3

月刊ナーシング Vol.37 No.3 2017年3月号

サイズ:
AB判
定価:
本体1,143円(税別)
発行年月:
2017年02月20日発行

【特集1】何を・いつから・どこから入れるの? をスッキリ解決 栄養療法のこれがベスト・セレクト

【特集2】PCI・カテーテルアブレーション・電気ショック 心臓への侵襲的処置後の心電図変化を見逃すな! 

オンライン書店で購入する
  • 神陵文庫
  • 紀伊國屋書店
  • amazon.co.jp
  • セブンネットショッピング
  • shop.Gakken

【特集1】
何を・いつから・どこから入れるの? をスッキリ解決
栄養療法のこれがベスト・セレクト
監修:巽 博臣 編集:清水孝宏

Part1 まずは基本を理解して再確認・栄養剤の種類と投与経路
 栄養剤の種類と選択①  経腸栄養法 
 栄養剤の種類と選択②  静脈栄養法 
 栄養の投与経路と適応  経腸栄養法・静脈栄養法 

Part2 病態・状況に応じた これが栄養療法のベスト・セレクト
 急性・重症患者  経腸栄養の選択と早期開始の推奨,その根拠 
 周術期の患者  術前・術後栄養療法の実際と合併症への対策 
 がん患者  がん悪液質(カヘキシア)の知識と栄養療法の実際 
 嚥下障害のある患者 栄養療法の重要性と嚥下機能評価・訓練の実際 
 褥瘡(リスク)のある患者  創傷治癒を促進する栄養療法の実際 

Part3 手技や管理がうまくいく これが栄養管理のベスト・ケア
 手技① 入院患者でも増えてきた!  
  CVポートが入っている患者のルート管理・栄養管理
 手技② 今さらだけど確実におさえておきたい!  
  胃管の挿入・留置と管理のポイント
 体位管理「頭部挙上」をもっとくわしく  
  栄養投与時の体位管理はなぜ重要?
 合併症予防と対策 下痢だけではない?! 
  経腸栄養に伴う合併症の予防と対策
 栄養投与期間 経管栄養はいつまで続ける?  
  経管栄養から経口摂取へのステップアップ 〜その見きわめ方・進め方〜

【特集2】
PCI・カテーテルアブレーション・電気ショック
心臓への侵襲的処置後の心電図変化を見逃すな!
監修:三宅良彦

特集にあたって
 心臓への侵襲的処置は心電図をすみやかに変化させる
まずはおさえておきたい
 12誘導での正常心電図
見逃してはいけない①
 急性心筋梗塞(AMI)に対するPCI(経皮的冠動脈形成術)後の心電図変化
見逃してはいけない②
 虚血性心疾患(IHD)に対する待機的PCI後の心電図変化
見逃してはいけない③
 心房細動(Af)に対するカテーテルアブレーション後の心電図変化
見逃してはいけない④
 電気ショック(電気的除細動,カルディオバージョン)後の心電図変化
アドバンス①
 心臓手術(開胸/心停止)で心電図はどう変化する?
アドバンス②
 心臓移植(神経系離断)で心電図はどう変化する?

【SERIES】
〔最前線の知識と実践がわかる ナースが知りたい! 認知症のハナシ〕
第3回 認知症の臨床像と生活機能障害 監修:長田 乾 執筆:石合純夫

〔最新知見がわかる・使えるブンケン情報〕
第47回 院外搬送時,医師の付き添いで安全性が異なる?
監修:卯野木 健 執筆:坂口達哉

〔Nursing View 看護に役立つトレンドを知る〕
最近,高額な医薬品が増えています.④ 注射薬 〜その2〜 浜田康次

第9回 学研の訪問看護 学研ココファン・ナーシング通信

【REPORT】
座談会 これからの栄養ケアのあり方について考える 
〜早期経口摂取のための栄養管理の新潮流〜 
水野英彰,三鬼達人,桐谷裕美子,田中智恵子

日常業務にひそむリスクとその対策 
国立大学法人 弘前大学医学部附属病院 
基幹災害拠点病院として目指す安全な輸液環境 輸液ポンプと輸液セットの導入後にみえてきた有用性

【Voice of Nurse】
Nursingトーク

【INFORMATION】
Book Review
INFORMATION 学会&イベント