書籍カテゴリー
ビジュアルブック
画像医学
皮膚科学
臨床工学
麻酔・救急・集中治療医学
医療とコンピューター
医学その他
バイオサイエンス
看護
看護師国試対策
辞典・事典・カード
薬学
介護
医療安全
雑誌
  • 画像診断
  • Clinical Engineering
  • Visual Dermatology
  • NURSiNG
  • Nursing Canvas
  • ICNR
アーカイブ
  • 細胞工学
  • MedicalAlliance

HOME » 看護 » がん看護・緩和ケア » はじめてでもやさしい がん化学療法看護

HOME » 看護 » 看護技術 » はじめてでもやさしい がん化学療法看護

はじめてでもやさしい がん化学療法看護

シリーズ:
看護  > はじめてでもやさしい

 はじめてでもやさしい がん化学療法看護 抗がん薬を扱う知識と副作用マネジメント

編:
小西敏郎(東京医療保健大学 副学長・医療栄養学科長)
サイズ:
B5判
頁数:
144ページ
定価:
本体1,800円(税別)
発行年月:
2014年04月30日発行
ISBN_10:
4-7809-1143-5
ISBN_13:
978-4-7809-1143-5

本シリーズは,新入職や病棟を変わってから3年目くらいまでに配属された外来や種々検査室,病棟で学ぶべきことで,基本的な処置,検査,治療・ケアの知識と技術について,写真,イラストで表現.本書ではがん化学療法に関する看護師に必要な実践を示した.

第1章 抗がん薬の知識
1 抗がん薬の分類と特徴
抗がん薬の分類
アルキル化薬
白金製剤
代謝拮抗薬
抗がん性抗生物質
植物アルカロイド
ホルモン療法薬
分子標的薬
2 代表的なレジメンと読み方
代表的なレジメン
レジメンの読み方

第2章 抗がん薬の主な副作用
1 副作用と症状マネジメント
感染症
骨髄抑制
脱毛
口内炎
悪心・嘔吐
倦怠感
過敏症とインフュージョンリアクション
腎・膀胱障害
肝障害(肝毒性)
薬剤性肺障害
心・循環器障害
下痢・便秘
末梢神経障害
皮膚・爪障害
味覚障害

第3章 抗がん薬の管理・調製
1 抗がん薬の管理,保管,搬送
抗がん薬の管理,保管,搬送
2 注射用抗がん薬の調製
抗がん薬の調製環境と曝露対策
病棟での混合調製
混合調製の知識(薬液の算出など)
混合調製の流れの中での誤調整の予防
混合調製に用いる器材・器具
混合調製の基本手技(アンプル,バイアル)
特殊剤形品の混合調製
薬剤別の溶解・希釈時の注意点

第4章 抗がん薬の投与
1 抗がん薬投与前のケア
患者教育,患者および薬剤アセスメント
2 抗がん薬の経静脈投与(薬剤の準備)
薬剤部での準備
病棟・外来での準備
抗がん薬の経静脈投与(静脈ラインの確保)
抗がん薬の経静脈投与(経静脈投与の実施)
抗がん薬の経静脈投与(皮下埋込み型ポート)
3 抗がん薬投与後のケア
ライン洗浄,抜去,止血,留置ラインの保全,投与後の患者教育
4 経口抗がん薬の服薬指導
経口抗がん薬の服薬指導

第5章 外来化学療法
1 外来化学療法の流れとケア
外来化学療法の流れ

付録
かつら専門店・貸し出し団体一覧
引用・参考文献
抗がん薬一覧表
索引