書籍カテゴリー
ビジュアルブック
画像医学
皮膚科学
臨床工学
麻酔・救急・集中治療医学
医療とコンピューター
医学その他
バイオサイエンス
看護
看護師国試対策
辞典・事典・カード
薬学
介護
医療安全
雑誌
  • 画像診断
  • Clinical Engineering
  • Visual Dermatology
  • NURSiNG
  • Nursing Canvas
  • ICNR
アーカイブ
  • 細胞工学
  • MedicalAlliance

HOME » 臨床工学 » 臨床工学その他 » 事例で学ぶ 人工呼吸器アラーム対応

HOME » 麻酔・救急・集中治療医学 » 麻酔・救急・集中治療医学 » 事例で学ぶ 人工呼吸器アラーム対応

HOME » 看護 » 呼吸器系 » 事例で学ぶ 人工呼吸器アラーム対応

事例で学ぶ 人工呼吸器アラーム対応

 事例で学ぶ 人工呼吸器アラーム対応 もう,アラームにあわてない!

著:
野口裕幸(CE野口企画)
サイズ:
B5変型判
頁数:
120ページ
定価:
本体2,800円(税別)
発行年月:
2015年07月29日発行
ISBN_10:
4-7809-0923-6
ISBN_13:
978-4-7809-0923-4

人工呼吸器のアラームは,人工呼吸器の「助けて!」というサインです.すぐに適切な対応をしなければ,患者さんにも影響を与えかねません.臨場感あふれるシナリオを読み解くことで,人工呼吸器のアラームに適切に対応するためのポイントが身につきます.

【おもな事例】
アラームが鳴ったり,鳴らなかったりを繰り返す
ウォータートラップの水を除去した後,しばらくしてアラームが鳴った
呼吸回路交換後にアラームが鳴った
患者に異常な呼吸パターンがみられた
突然,痰が硬くなった
吸引後,人工呼吸器を装着したが,動いていない
ヘアドライヤーのスイッチを入れたらアラームが鳴った
など