ClinicalEngineering

  • 最新号の紹介
  • バックナンバー
  • ClinicalEngineering誌について
  • ClinicalEngineering編集室へのお問い合わせ
  • 年間定期購読のお申し込み
  • リンク
書籍カテゴリー
ビジュアルブック
画像医学
皮膚科学
臨床工学
麻酔・救急・集中治療医学
医療とコンピューター
医学その他
バイオサイエンス
看護
看護師国試対策
辞典・事典・カード
薬学
介護
医療安全
雑誌
  • 画像診断
  • Clinical Engineering
  • Visual Dermatology
  • NURSiNG
  • ナーシング・キャンバス
  • ICNR
アーカイブ
  • 細胞工学
  • MedicalAlliance

HOME » ClinicalEngineering » information一覧

information一覧

654件中 1~10件を表示

  1 | 2 |3 |4 |5 |6 |7 |8 |9 |10 |...64 |65 |66 |  次のページ »

第14回日本透析クリアランスギャップ研究会学術集会

会 期 2019年8月24日(土),25日(日)
会 場 北九州国際会議場(福岡県北九州市小倉北区浅野3-9-30)
大会長 宮本 哲(産業医科大学腎センター)
テーマ 透析モニタリングの広がり─効率から栄養まで─
問い合わせ先 ・大会事務局
産業医科大学病院腎センター
〒807-8556 福岡県北九州市八幡西区医生ヶ丘1-1
電話:093-603-1611
FAX:093-691-6913
E-mail: clgap14@mbox.clnc.uoeh-u.ac.jp
・運営事務局
(株)九州舞台コンベンション推進課内
〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通1-1-1サンセルコビル4階
電話:092-718-0330
FAX:092-718-0331
E-mail: clgap14@kyushustage.co.jp
URL: http://cg2019.umin.jp/

【eラーニング】内視鏡関連指定講習会(9月開催)

主 催 (公社)日本臨床工学技士会
受講期間 2019年9月16日(月)〜10月15日(火)
プログラム 「内視鏡機器の総論1」「内視鏡検査における設置・基準」「内視鏡検査における看護と患者管理」「内視鏡検査・治療に関する薬剤と薬理学」「内視鏡機器の消毒と感染管理」「上部消化管内視鏡検査」「小腸内視鏡検査及びカプセル内視鏡検査」「下部消化管内視鏡検査」「気管支内視鏡検査及び治療」「内視鏡的粘膜切除術の手技」「食道・胃静脈瘤の治療法」「消化管における狭窄治療及び胃瘻増設」「胆膵内視鏡検査及び治療」「EUS-FNAによる内視鏡検査と治療」「緊急内視鏡及び内視鏡的消化管止血術」「内視鏡機器のメインテナンスと保守管理」「内視鏡による外科的治療」「内視鏡関連法令」
定 員 500名
受講対象者 国家資格を有する医療従事者(臨床工学技士および他の医療職種).本講習会の受講により「内視鏡関連専門臨床工学検定試験」を受験することができます〔ただし,専門臨床工学技士認定は(公社)日本臨床工学技士会会員に限ります〕
受講料 会員30,000円,非会員40,000円
申し込み期間 2019年8月1日(木)〜14日(水)
申し込み方法 詳細はホームページを参照
問い合わせ先 (公社)日本臨床工学技士会JACE研修センター本部
〒113-0034 東京都文京区湯島1-3-4 KTお茶の水聖橋ビル5階
URL: https://ja-ces.or.jp/jsc/
問い合わせは,JSCホームページ上の問い合わせフォームよりお願いします

【eラーニング】心・血管カテーテル関連指定講習会(10月開催)

主 催 (公社)日本臨床工学技士会
受講期間 2019年10月1日(火)〜31日(木)
プログラム 「臨床工学技士による清潔補助業務と感染対策」「心電図」「非侵襲的画像診断と放射線被ばく」「カテラボ(検査,診断,弁口面積,不整脈)」「臨床工学技士が行う心臓カテーテル業務」「安定冠動脈疾患における診断と治療(冠攣縮性狭心症など)」「OCT,OFDI」「ACS(STEMI,NSTEMI)の診断と治療」「STENT,BVS,ステントの構造や特徴」「PCIで使用する特殊なカテーテル」「FFR」「先天性心疾患とカテーテル検査」「心血管疾患における外科的治療」「先天性心疾患,心臓大血管の構造的疾患に対するカテーテル治療」「EVT(下肢動脈疾患,頸動脈・椎骨動脈・腎動脈・鎖骨下動脈)」「心・血管カテーテル治療で使用する薬剤」「補助循環装置」「IVUS」
定 員 500名
受講対象者 国家資格を有する医療従事者(臨床工学技士および他の医療職種).本講習会の受講により「心・血管カテーテル関連専門臨床工学検定試験」を受験することができます〔ただし,専門臨床工学技士認定は(公社)日本臨床工学技士会会員に限ります〕
受講料 会員30,000円,非会員40,000円
申し込み期間 2019年8月15日(木)〜28日(水)
申し込み方法 詳細はホームページを参照
問い合わせ先 (公社)日本臨床工学技士会JACE研修センター本部
〒113-0034 東京都文京区湯島1-3-4 KTお茶の水聖橋ビル5階
URL: https://ja-ces.or.jp/jsc/
問い合わせは,JSCホームページ上の問い合わせフォームよりお願いします

【eラーニング】不整脈治療関連指定講習会・応用編(10月開催)

主 催 (公社)日本臨床工学技士会
受講期間 2019年10月1日(火)〜31日(木)
プログラム 「ペースメーカの設定(応用)」「ペースメーカフォローアップとトラブルシューティング」「CRTのアルゴリズム(問題解決の手順・方式)」「ICDのアルゴリズム(問題解決の手順・方式)」「ICD/CRTDフォローアップとトラブルシューティング」「遠隔モニタリングシステムとフォローアップ」「植込みデバイスとEMIについて」「EPSの原理と実際」「アブレーションの原理と実際」「発作性上室性頻拍」「心房頻拍/心房粗動」「心房細動のアブレーション」「心室頻拍(特発性,流出路起源,基質的心疾患)」「CARTO3,EnSite NavX,EnSite Array,RHYTHMIAの構造と原理」「CARTOとEnSiteの実際(臨床)」
定 員 500名
受講対象者 2016年度以降の不整脈治療関連指定講習会・基礎編を受講し,受講修了証を取得している方.本講習会の受講により「不整脈治療専門臨床工学検定試験」を受験することができます〔ただし,専門臨床工学技士認定は(公社)日本臨床工学技士会会員に限ります〕
受講料 会員 18,000円,非会員25,000円
申し込み期間 2019年8月15日(木)〜28日(水)
申し込み方法 詳細はホームページを参照
問い合わせ先 (公社)日本臨床工学技士会JACE研修センター本部
〒113-0034 東京都文京区湯島1-3-4 KTお茶の水聖橋ビル5階
URL: https://ja-ces.or.jp/jsc/
問い合わせは,JSCホームページ上の問い合わせフォームよりお願いします

【eラーニング】統計研修会【上級編】(10月開催)

主 催 (公社)日本臨床工学技士会
受講期間 2019年10月1日(火)〜31日(木)
プログラム 「研究の進め方─研究の流れと数値データの取り扱いについて─」「統計学の基礎知識─有意差検定と相関・回帰分析─」「多変量解析の基礎と実践」
取得可能単位 臨床工学技士認定制度に係る10単位
定 員 200名
受講対象者 国家資格を有する医療従事者(臨床工学技士および他の医療職種)
受講料 会員 4000円,非会員 5000円
申し込み期間 2019年8月15日(木)〜28日(水)
申し込み方法 詳細はホームページを参照
問い合わせ先 (公社)日本臨床工学技士会JACE研修センター本部
〒113-0034 東京都文京区湯島1-3-4 KTお茶の水聖橋ビル5階
URL: https://ja-ces.or.jp/jsc/
問い合わせは,JSCホームページ上の問い合わせフォームよりお願いします

(公社)日本透析医会研修セミナー透析医療におけるCurrent Topics 2019(熊本開催)

会 期 2019年11月3日(日)9:00〜15:10
会 場 ホテル日航熊本(熊本県熊本市中央区上通町2-1)
会 長 秋澤忠男(昭和大学医学部内科学講座腎臓内科学部門)
テーマ 透析医療は‥此処まで来て‥何を抱えて‥何処を目指すのか
プログラム 「透析装置の進歩と課題」「透析症例の冠動脈疾患─非透析例との相違─」「透析患者における亜鉛と銅の役割」「透析医療と診療看護師制度(認定制度との関係)」「透析医療と災害─熊本地震の経験から─」「末期腎不全患者に対する治療展望─透析・移植からiPS細胞へ─」
定 員 300名(定員になり次第締め切り)
参加申し込み 参加には事前申し込みが必要です.事前申し込み受け付け開始は,2019年9月2日(月)予定.(公社)日本透析医会ホームページにて受け付けます.詳細はホームページを参照.(公社)日本透析医会会員以外の方も参加いただけます
参加費 2000円
取得可能単位・点数 ①(一社)日本透析医学会の専門医制度(3単位)
②6学会合同認定「慢性腎臓病療養指導看護師」の受験資格ポイント(6ポイント)
③透析療法合同専門委員会「透析技術認定士」認定更新点数(5点)
問い合わせ先 (公社)日本透析医会事務局
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-15-2 淡路建物ビル2階
電話:03-3255-6471
FAX:03-3255-6474
E-mail: info@touseki-ikai.or.jp
URL: http://www.touseki-ikai.or.jp/

第4回I-HDF研究会(演題募集)

会 期 2019年12月8日(日)9:00〜15:30
会 場 ソラシティカンファレンスセンター(東京都千代田区神田駿河台4-6)
会 長 土谷 健(東京女子医科大学)
テーマ I-HDFの適正治療
おもなプログラム(予定) シンポジウム「個々の患者の病態にあった適正透析の選択」,ワークショップ「透析装置のプログラム機能を使いこなす」,基調講演,一般演題,ランチョンセミナー
参加費 5000円
演題募集期間 2019年9月1日(日)〜10月15日(火).I-HDFに関する一般演題を募集します.詳細はホームページを参照
問い合わせ先 ・大会事務局
東京女子医科大学血液浄化療法科内
担当:亀井大悟(事務局長),村上 淳(副事務局長)
〒162-8666 東京都新宿区河田町8-1
電話:03-3353-8112(内線38671)
E-mail: office2019@i-hdf.jp
URL: http://2019.i-hdf.jp/

第41回透析技術認定士認定講習会および認定試験

◆認定講習会について◆
受講資格 次のいずれかの資格(免許)を有し,免許証の免許登録日から申請書類提出日現在において,該当する各資格における透析療法についての実務経験年数(透析業務経験年数)を満たしていること(勤務は常勤とし,アルバイトなどは認められません)
臨床工学技士:経験2年以上,看護師:経験2年以上,准看護師:経験3年以上(高卒),経験4年以上(中卒)
会場受講 2020年2月18日(火)〜21日(金)の4日間.大田区産業プラザPiO(東京都大田区南蒲田1-20-20),200名,36,000円
e-ラーニング受講 2020年3月6日(金)〜4月1日(水)の約4週間.1000名,36,000円.インターネット利用環境およびメールアドレスが必要.開講期間中は何度でも繰り返し視聴可能
会場受講+e-ラーニング受講 会場での受講および復習も兼ねてe-ラーニング受講を希望する場合,50,000円
講義内容(予定) 「血液浄化療法の歴史」「血液浄化療法の工学的基礎知識」「血液透析機器・装置」「安全対策」「透析室の感染対策」「血液浄化療法の概要と実際」「バスキュラーアクセス」「腹膜透析」「腎臓病(腎不全)の病態と症状」「急性血液浄化」「慢性透析療法」「透析患者と外科手術」「小児患者に対する透析」「長期透析に伴う合併症(心血管系合併症)」「長期透析に伴う合併症(骨ミネラル代謝異常)」「長期透析に伴う合併症(透析アミロイドーシス)」「脂質異常症」「栄養管理」「薬物療法」「臨床検査」「腎移植」「透析患者の看護」「透析療法における倫理的問題」
◆認定試験について◆
受験資格 ・第41回認定講習会を受講した者
・受講免除対象者〔前3回(第38・39・40回)のうち,いずれかの認定講習会を受講済みの者〕
日程・会場・受験料 2020年5月中旬〜下旬の日曜日,東京都内,10,000円(日程,会場は2020年2月中旬ごろ決定予定)
 
実施要領(申請書類)の入手方法 今回より申込方法が変更となりました.書類のダウンロードホームページより基本情報(氏名・メールアドレスなど)を入力してください(書類作成にはメールアドレスの登録が必要です).メールアドレス登録後に書類作成フォームをご案内します.詳細はホームページを参照
メールアドレス登録期間 ・講習会受講希望者:2019年8月1日(木)10:00〜30日(金)17:00
・講習会受講免除希望者:2019年11月1日(金)10:00〜18日(月)17:00
実施要領(申請書類)の書類作成およびダウンロード可能期間 ・講習会受講希望者:配布開始日〜2019年9月26日(木)17:00
・講習会受講免除希望者:配布開始日〜11月28日(木)17:00
申請書類受け付け期間 申し込みは「特定記録郵便」による郵送に限ります.受け付け期間内でも定員に達した場合は受け付けを終了します.詳細はホームページを参照
講習会受講希望者 2019年9月9日(月)9:00〜30日(月)(必着)
講習会受講免除希望者 配布開始日〜12月2日(月)(必着)
問い合わせ先 〒113-0033 東京都文京区本郷1-28-34 本郷MKビル2階
(公財)医療機器センター内 透析療法合同専門委員会事務局
電話:03-3813-8701
FAX:03-3813-8733
E-mail: touseki@jaame.or.jp
URL: http://touseki.jaame.or.jp/
電話での問い合わせは,平日の10:00〜17:00(12:00〜13:00は除く)

2019年度医療機器安全基礎講習会(第41回ME技術講習会)

共 催 (公社)日本生体医工学会,(公財)医療機器センター
後 援 厚生労働省
開催会場・日程・定員・申し込み締め切り ・沖縄会場:2019年7月20日(土),沖縄産業支援センター,100名,7月8日(月)
・広島会場:2019年7月28日(日),TKPガーデンシティ広島駅前大橋,150名,7月16日(火)
・大阪会場:2019年8月17日(土),難波御堂筋ホール,300名,8月5日(月)
・東京会場:2019年9月7日(土),ベルサール新宿セントラルパーク,450名,8月26日(月)
*なお,2019年6月30日(日)開催の名古屋会場,7月6日(土)開催の福岡会場,および7月7日(日)開催の仙台会場については,申し込み締め切り日が過ぎているため,本号では掲載しておりません.
プログラム 「医療安全施策の動向」「トラブル事例と対策」「リスクマネジメントの実際」「医療機器安全管理の実際」
受講料(テキスト代,消費税込み) 一般11,000円,学生7000円(学生は申し込み時に学生証の写しが必要です)
取得単位 医療機器情報コミュニケータ(MDIC)更新10ポイント,臨床ME専門認定士更新15点
申し込み方法 インターネットと郵送の2通りの申し込み方法があります.詳細はホームページを参照
問い合わせ先 (公財)医療機器センター医療研修部
〒113-0033 東京都文京区本郷1-28-34 本郷MKビル2階
電話:03-3813-8157
FAX:03-3813-8733
URL: https://www.jaame.or.jp
*電話での問い合わせは,平日10:00〜12:00,13:00〜17:00

2019年度(公社)日本透析医会公募研究助成

目 的 適正な人工透析療法を普及し,技術および安全性,有効性の向上を図り,関係者の教育研修を行うとともに,腎不全対策の推進ならびに災害時における透析医療の確保に資する事業を行い,もって国民の保健・福祉の向上に寄与することを目的としています.この目的に適うものと期待される腎臓病研究者および腎不全医療従事者の学術研究に助成します
選考条件 腎不全医療,特に透析医療を推進するための学術研究
申請書記載内容 研究課題名,研究助成金申請額,研究予定期間,申請者および経理事務担当者,研究の概要,研究目的・必要性および特色・独創的な点,期待される成果,研究計画・方法および倫理面への配慮,研究に要する経費,略歴・主要な論文・外部資金の獲得実績
助成額 総額2100万円
公募期間 2019年7月1日(月)〜9月30日(月)
選 考 (公社)日本透析医会の研究助成取扱規程に基づき選考します
助成金の交付 2020年3月
報告書の提出 成果(研究報告書)および経理報告書類は,研究終了後,速やかに提出いただきます
研究成果の公表 成果報告(研究報告書)は,日本透析医会雑誌またはホームページに掲載します
問い合わせ先 (公社)日本透析医会事務局
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-15-2 淡路建物ビル2階
電話:03-3255-6471 
FAX:03-3255-6474
E-mail: info@touseki-ikai.or.jp
URL: http://www.touseki-ikai.or.jp/

654件中 1~10件を表示

  1 | 2 |3 |4 |5 |6 |7 |8 |9 |10 |...64 |65 |66 |  次のページ »