VisualDermaltology

  • 最新号の紹介
  • バックナンバー
  • 画像診断誌について
  • 画像診断編集室へのお問い合わせ
  • 年間定期購読のお申し込み
  • リンク
書籍カテゴリー
ビジュアルブック
画像医学
皮膚科学
臨床工学
麻酔・救急・集中治療医学
医療とコンピューター
医学その他
バイオサイエンス
看護学
看護師国試対策
辞典・事典・カード
薬学
介護
医療安全
精神医学・心理
放射線治療学
外科学
内科学
リハビリテーション
雑誌
  • 画像診断
  • Clinical Engineering
  • Visual Dermatology
  • NURSiNG
  • Nursing Canvas
  • ICNR
アーカイブ
  • 細胞工学

HOME » 画像診断 » 2022年6月号

画像診断 Vol.42 No.7 2022年6月号

サイズ:
B5判
定価:
2,750円(税込)
発行年月:
2022年05月25日発行
ISBN_10:
4-7809-0553-2
ISBN_13:
978-4-7809-0553-3

はじめよう! 心臓の画像診断

オンライン書店で購入する
  • 神陵文庫
  • 紀伊國屋書店
  • amazon.co.jp
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • shop.Gakken

【特集】
序説 ●宇都宮大輔(横浜市立大学大学院医学研究科放射線診断学教室)

 心臓の画像診断は放射線科の仕事の全体からみるとかなり少ない,ある意味ニッチな領域といえます.循環器内科の医師が主に担当している施設も多く,放射線科医がついつい“距離を置いてしまう”分野という側面もあります.心臓CT,心臓MRIは読影したことがないという方も結構な数いらっしゃるのではないでしょうか.
 それでは,心臓の画像診断は放射線科医の中でどのような立ち位置になっていくのでしょうか.ひとつのエポックメイキングな出来事は,北米放射線学会(Radiological Society of North America;RSNA)が2020年にRadiologyの姉妹誌としてRadiology Cardiothoracic ImagingとRadiology Artificial Intelligenceを新たに発刊したことだと思います.RSNAが中心となって放射線医学の世界の潮流が決まっていくといっても過言ではないでしょう.そのRSNAが心臓の画像診断は放射線科医が行うべき,と宣言したと認識しています.つまり,もはや好むと好まざるとにかかわらず放射線科医は心臓の画像診断にかかわるべきであるといえます.



序説 ● 宇都宮 大輔
心臓の解剖 ● 宇都宮 大輔
心臓CT読影の目の付けどころ ● 細川 貴晶,田邊 裕貴ほか
心臓MRI読影の目の付けどころ ● 加藤 真吾,福井 和樹ほか
心臓核医学読影の目の付けどころ ● 福島 賢慈,関野 啓史ほか
心臓CT,心臓MRIのアーチファクト-ピットフォールに落ちないために- ● 髙藤 雅史,永田 幹紀ほか
心臓CTのトピック:心臓周囲脂肪と冠動脈疾患 ● 星野 昌弘,角田 恒和
心臓MRIのトピック:心アミロイドーシスを中心とする心不全パンデミック ● 尾田 済太郎

【連載】
すとらびすむす
狭山茶どころ情けが… ● 馬場 康貴

画像診断と病理
紡錘形細胞脂肪腫 ● 上原 はるか,石川 浩志ほか

ここが知りたい!
画像診断2022年1月号特集
「これで確定!? 画像をみて,ふと立ち止まる瞬間」
● 木口 貴雄,星合 壮大ほか

Picked-up Knowledge from Foreign Journals
小脳脚 ● 森 墾

CASE OF THE MONTH
Case of June ● 石本 聡史,井藤 隆太ほか
The Key to Case of April ● 永澤 安子,土屋 桂子ほか

読影レポートLesson
肝胆膵脾編 「肝腫瘤」 ● 市川 新太郎,五島 聡

Refresher Course
PET/MRIの展望−PET/CTと比較した最近の進歩− ● 野上 宗伸