NURSiNG

  • 最新号の紹介
  • バックナンバー
  • 月刊ナーシングについて
  • 月刊ナーシング編集室へのお問い合わせ
  • 年間定期購読のお申し込み
  • リンク
書籍カテゴリー
ビジュアルブック
画像医学
皮膚科学
臨床工学
麻酔・救急・集中治療医学
医療とコンピューター
医学その他
バイオサイエンス
看護学
看護師国試対策
辞典・事典・カード
薬学
介護
医療安全
精神医学・心理
放射線治療学
外科学
雑誌
  • 画像診断
  • Clinical Engineering
  • Visual Dermatology
  • NURSiNG
  • Nursing Canvas
  • ICNR
アーカイブ
  • 細胞工学

HOME » ナーシングセミナー » レズニック博士来日講演会 自己効力理論とその臨床応用,研究,教育 逐次通訳付

学研ナーシングセミナー

「自己効力理論」の第一人者が,理論と実践を徹底解説!レズニック博士来日講演会 自己効力理論とその臨床応用,研究,教育 逐次通訳付
講師:
バーバラ・レズニック博士
(メリーランド大学看護学部教授)
参加費:
16,500円(税込)
(10%税込・資料・お弁当つき)
ねらい:
自己効力理論の歴史と今日から将来への展望,臨床応用,教育,研究での理論の使用,レジリエンスの考え方までを詳しく展開します.
バーバラ・レズニック博士

〜レズニック博士より〜
自己効力理論とその臨床活用,研究,教育

自己効力理論とその臨床活用,研究,教育
 私の講演では,自己効力理論をその歴史から紐解き,臨床実践,研究,教育で効果的に使用する方法を解説します.
自己効力感と結果期待がどのように測定されるか,自己効力感と結果期待を強化するために使用される4つの情報源(積極的達成,代理体験,言語的説得,生理学的フィードバック)について説明し,健康行動を最適化するための多くの方法を例示します.
 臨床現場では,研究介入を導き,結果を説明し,看護師や他の医療従事者の教育を改善します.機能焦点ケア(Function-Focused Care)介入の開発と実行における自己効力理論の使用は,理論が臨床と研究の両方でどのように使用できるかの例として役立つでしょう.
 最後に,レジリエンスを定義して説明し,レジリエンスと自己効力感の関係を詳しく説明します.自己効力感を用いてレジリエンスを高めるための介入の例を提示します.

開催日・開催地・会場・定員・申し込み

開催日 開催地 会場 定員  
2020年9月20日(日) 東京 ベルサール神保町アネックス
東京都千代田区神田神保町2-36-1
250名 受付締切
 
2020年9月22日(火・祝) 京都 京都国際会館
京都市左京区岩倉大鷺待ち422
250名 受付締切

9:00      開場・受付

9:50-10:00   オリエンテーション

10:00-11:30  講義1:自己効力理論の真髄: 
             歴史,今日から将来への展望
         Essence of Self-Efficacy Theory:
         History, Today and Tomorrow

11:30-12:30  昼食休憩

12:30-13:30   講義2:自己効力理論:
             臨床応用,教育,研究
         Self-Efficacy Theory
         Clinical Application, Education and Research

13:30-13:50   休憩

13:50-14:20  講義2 続き 

14:20-14:50   休憩

14:50-16:30  質疑応答

16:30     終了