VisualDermaltology

  • 最新号の紹介
  • バックナンバー
  • 画像診断誌について
  • 画像診断編集室へのお問い合わせ
  • 年間定期購読のお申し込み
  • リンク
書籍カテゴリー
ビジュアルブック
画像医学
皮膚科学
臨床工学
麻酔・救急・集中治療医学
医療とコンピューター
医学その他
バイオサイエンス
看護
看護師国試対策
辞典・事典・カード
薬学
介護
医療安全
雑誌
  • 画像診断
  • Clinical Engineering
  • Visual Dermatology
  • NURSiNG
  • Nursing Canvas
  • ICNR
アーカイブ
  • 細胞工学
  • MedicalAlliance

HOME » 画像診断 » 2018年2月号

画像診断 Vol.38 No.2 2018年2月号

サイズ:
B5判
定価:
本体2,400円(税別)
発行年月:
2018年01月25日発行
ISBN_10:
4-7809-0501-X
ISBN_13:
978-4-7809-0501-4

大血管CTの必須知識 −治療に直結する最新の情報も含めて−

オンライン書店で購入する
  • 神陵文庫
  • 紀伊國屋書店
  • amazon.co.jp
  • セブンネットショッピング
  • shop.Gakken

【特集】
序説 ●横山健一

 CTやMRIによる大血管領域の画像診断の発展には目覚ましいものがある.特に近年のマルチスライスCTの進歩・普及により,我々画像診断医が日常診療の中で大血管の画像診断に関わる機会が以前より確実に増している.例えば大動脈瘤の症例においては,人工血管置換術後の経過観察のCTを横断像のみで評価していた時代から,ステントグラフト留置術前における大動脈や分枝血管の詳細な形態,そして術後におけるエンドリークの有無やその種類といった合併症などの情報について,マルチスライスCTによる多断面からの評価を行い,その結果を循環器内科医や心臓血管外科医といった治療医に伝えることが今では普通のこととなっている.また,IgG4関連疾患に伴って生じる炎症性大動脈瘤などの新しい疾患概念も次々に登場しており,このような疾患についての最新の知識を整理するとともに,早期診断や治療効果判定などの臨床に直結する診断を行う役割が常に期待されている.


序説 ● 横山 健一
大動脈瘤 ● 太田 靖利
大動脈解離 ● 渡邊 慶明,河野 淳ほか
特殊な大動脈瘤・大動脈解離 ● 大内 厚太郎,佐久間 亨
TAVI術前評価 ● 山田 祥岳,山田 稔ほか
大動脈・大静脈の先天異常 ● 田所 導子,村田 和子ほか
肺高血圧症 ● 苅安 俊哉,横山 健一
静脈血栓塞栓症 ● 佐藤 辰彦,堀井 陽祐ほか

【連載】
すとらびすむす
フライバイ ● 白川 崇子

画像診断と病理
副腎皮質癌 ● 田中 高志,金澤 右ほか
ここが知りたい!
画像診断2017年9月号特集
「脊椎の画像診断再入門」
●藤本 肇,藤井 裕之

Picked-up Knowledge from Foreign Journals
びまん性肺疾患 ● 小野 修一

CASE OF THE MONTH
Case of February ● 箱崎 元晴,伊藤 浩
The Key to Case of December ● 松永 敬二,井上 優介

General Radiology診断演習
第6 回 ◯◯に似ている……が少し違う ● 木口 貴雄

他科のエキスパートにお尋ねします-ここを教えていただけますか?
膵臓編 ● 大坪 公士郎,蒲田 敏文

Refresher Course
絞扼性小腸閉塞−基礎から診断困難症例まで− ● 谷掛 雅人,早川 克己