書籍カテゴリー
ビジュアルブック
画像医学
皮膚科学
臨床工学
麻酔・救急・集中治療医学
医療とコンピューター
医学その他
バイオサイエンス
看護
看護師国試対策
辞典・事典・カード
薬学
介護
医療安全
雑誌
  • 画像診断
  • Clinical Engineering
  • Visual Dermatology
  • NURSiNG
  • Nursing Canvas
  • ICNR
アーカイブ
  • 細胞工学
  • MedicalAlliance

透析入門

シリーズ:
Clinical Engineering  > クリニカルエンジニアリング別冊

クリニカルエンジニアリング別冊  透析入門 

編:
阿岸鉄三(東京女子医科大学腎臓病総合医療センター外科)
頁数:
336ページ
定価:
本体4,800円(税別)
発行年月:
1994年07月01日発行
ISBN_10:
4-87962-133-1
ISBN_13:
978-4-87962-133-7

透析療法についての基本的な原理,最新の透析技術,さらには維持透析患者の病態生理や,その一般的看護まで詳しく解説.透析についてのあらゆるノウハウを満載した透析従事者必読の1冊!

1.透析療法の歴史
2.腎不全治療としての透析療法
3.血液透析の物理化学
4.(標準的)透析膜
5.透析液
6.血液透析周辺血液浄化
  1.血液濾過
  2.血液透析濾過
  3.蛋白漏出性血液透析
  4.活性炭血液吸着
  5.血漿交換
  6.血漿吸着(免疫吸着を含む)
  7.CAPD
  8.新しい人工腎臓への展望
7.血液透析のクリニカルエンジニアリング
  1.血液透析器および血液回路
  2.透析液作成・供給システム
  3.患者監視装置(ベッドサイドコンソール)
  4.個人用透析装置
  5.周辺機器
  6.電気設備
  7.透析スタッフによる機器の保守・管理
  8.メーカーによる機器の保守・管理
  9.透析医療とパソコン・ミニコン
8.透析療法の適応
  1.急性腎不全
  2.慢性腎不全
  3.特殊病態の透析
9.血液浄化の周辺医療への応用
10.ブラッドアクセス
  1.緊急透析用ブラッドアクセス
  2.維持透析用ブラッドアクセス
11.血液抗凝固法
12.血液透析の実際
13.維持透析患者の病態生理
  1.体液・電解質・酸塩基平衡
  2.血液・凝固系
  3.心・循環器系
  4.呼吸器系
  5.消化器系
  6.糖・脂質・蛋白・アミノ酸代謝
  7.骨・カルシウム代謝
  8.関節・支持組織
  9.成長・発育
  10.内分泌系・ビタミン代謝
  11.中枢神経・自律神経・末梢神経系
  12.眼科的異常
  13.精神・心理的問題
  14.免疫能
  15.透析アミロイド症
  16.Uremic Toxins
  17.サイトカイン
14.維持透析患者の感染と対策
15.維持透析患者の食事療法
16.維持透析患者の薬物療法
17.維持透析患者の看護
18.維持透析患者の検査
19.透析の中止 -尊厳ある死の選択
20.血液透析施設の建築学
21.透析スタッフ -役割と適正配置数